フリーワード検索:

Dr.野原のナルホド!摂食・嚥下障害マネジメント ~キュアからケアへ~

食べられるってすばらしい!

診療科
その他 
収録内容
第1回「キュアからケアへ!これからの摂食・嚥下障害マネジメント」
第2回「おじいちゃん、何で食べられへんの?大事なのは診断と病態把握」
第3回「ちょっとした工夫で乗り越えよう 先行期の障害への食事支援」
第4回「助けて歯医者さん! 準備期の障害への食事支援」
コラム1「頼れる武器、嚥下内視鏡を活用しよう」
第5回「そこから先に進めない? 口腔期の障害への食事支援」
第6回「食道?気管?運命の分かれ道! 咽頭期の障害への食事支援」
第7回「せっかく飲み込んだのに・・・ 食道期の障害への食事支援」
第8回「誤嚥してもええじゃないか? 侵襲と抵抗のバランスを考える」
第9回「肺炎にならないための抵抗を! 呼吸理学療法・薬剤・ワクチン・栄養」
コラム2「その嚥下障害、医師のせい?」
第10回「それは誤解です! 胃瘻イコール禁食、ではない」
第11回「食べることは生きること 嚥下機能のソフトランディング」
講師
野原 幹司
収録時間
132分
価格
7,500円 +税
発行日
2014-11-15
商品コード
CND0212

嚥下障害を抱える患者に、どのようなサポートを行っていますか?
このコンテンツでは、これまでの概念を覆した食事支援に対する新しい考え方や実践法を盛り込み、摂食・嚥下に関する疑問や悩みを解決します。
キーワードは“キュアからケアへ”。
「なぜ食べられないのか4大認知症を含めた分析」、「急性期だけではなく慢性期の食事支援がいかに重要か」、「“5つの期”で分けられる食事支援の具体的な方法」、「誤嚥しても肺炎にしない考え方と実践法」、「在宅でも活用できる嚥下内視鏡」、「医学的見地と患者さんのQOLの見地から胃瘻をどう考えるべきか」・・・などを解説します。ナルホド!

第1回 キュアからケアへ!これからの摂食・嚥下障害マネジメント



摂食・嚥下障害マネジメントを行う前に納得しておきたい。なぜこれから施設・在宅でのマネジメントが重要となるのか?また、原因疾患の進行期別の患者数の違い、それに伴う病院や在宅での患者層や対応の違い、など事項を解説。“キュアからケア”の考え方を理解しよう。

第2回 おじいちゃん、何で食べられへんの?大事なのは診断と病態把握

食事支援で、目指すのはもちろん経口摂取だが、これには、窒息、誤嚥性肺炎という2つの落とし穴がある。第2回は、そんな落とし穴に入らないためのケアのポイント、診断と病態把握について解説する。診断のために押さえておくべき“4大認知症”の復習、そして病態把握のために考えるべき“5つの期”とは・・・?ここを押さえずして次に進むべからず、必見です。

第3回 ちょっとした工夫で乗り越えよう 先行期の障害への食事支援

食事支援で必要な“5つの期”で、初めの関門である“先行期”の障害の実態にフォーカスする。シンプルな声かけ、食器の選び方、食事の提供方法、食事内容、といったちょっとした工夫を、患者さんを支えるスタッフ全員が理解することで、乗り越えるハードルは低くなる。4大認知症と照らし合わせながらの考え方も注目したい。

第4回 助けて歯医者さん! 準備期の障害への食事支援

“5つの期”のうち2番目、“準備期”。その主な役割は食塊形成であり、それができるかどうかは誤嚥に大きく影響する。第4回目は、どの認知症の種類が食塊形成不良を起こしやすいのか、そしてそれ以上に、口腔機能の状態も大きく影響することを理解していく。
歯科医師による口腔機能の改善、口腔機能に合わせた食事内容の工夫、義歯への配慮、改善できることを知り、食塊形成の状態に合わせた食事内容を考えよう。

【コラム1】頼れる武器、嚥下内視鏡を活用しよう

 “準備期”のチェックに有効な嚥下内視鏡について掘り下げる。内視鏡を入れたときの基本から、口内物がどこに触れると嚥下反射が起こるのか、また、嚥下造影検査と嚥下内視鏡検査それぞれのメリット・デメリットについても解説。野原氏は、施設・在宅には嚥下内視鏡検査をお勧めするが、環境に合わせての使い分けなども考えたい。

第5回 そこから先に進めない? 口腔期の障害への食事支援

 “5つの期”のうち、食べ物を喉に送り込む3工程目、“口腔期”まで来た。先行期、準備期に異常がなく食事に時間がかかっている患者さんは、口腔期の可能性がある。食べる順番、リクライニングなどの工夫で支援しよう。また、口腔期の障害を持ちやすい認知症の種類も覚えておきたい。

第6回 食道?気管?運命の分かれ道! 咽頭期の障害への食事支援

 咽頭から食道に食べ物を送り込む“5つの期”のうち最も難所である“咽頭期”。誤嚥や窒息が起こりやすいので注意が必要だ。誤嚥には、咳やむせを伴う“顕性誤嚥”と、誤嚥の自覚がなく本人や介助者も気付きにくい“不顕性誤嚥”があり原因疾患をしっかり覚えておきたい。第6回は誤嚥の種類や仕組み、原因疾患、嚥下を誘発しやすい食事内容や増粘剤を利用した工夫について解説する。

第7回 せっかく飲み込んだのに・・・ 食道期の障害への食事支援

 “5つの期”のうち最後の期、“食道期”。食道は、飲み込んだ後なので嚥下と関係ないと思ったら大間違い。食べ物の逆流による肺炎を見逃してはならないのだ。第7回は、逆流を起こしやすい姿勢、薬剤、リスク、また、逆流を疑う症状は何かをお伝えする。把握して、患者さんを注意深く観察しよう。

第8回 誤嚥してもええじゃないか? 侵襲と抵抗のバランスを考える

どんなに食事の支援をしても、誤嚥性肺炎になる患者さんは現実的にいるものだ。では患者さんを救う手だては他にないのだろうか。経口摂取禁止はいたしかたないのか・・・?誤嚥性肺炎に行き詰まってしまったそんな時、考え方を変えてみてほしい。そう、“誤嚥しても、肺炎にならなければいい”と。第8回では、その考え方の仕組みを解説し、そこで言う“侵襲”の量を減らすべく口腔ケアの重要性、そして方法をお伝えする。

第9回 肺炎にならないための抵抗を!呼吸理学療法・薬剤・ワクチン・栄養

 “侵襲”を減らすことも大事だが、同時に“抵抗”をあげる努力もしていきたい。一口に言っても誤嚥性肺炎を持つ患者さんは年配の方も多く難しいと思いがちだ。だが出来ることがいくつかある。呼吸機能の低下がどれほど嚥下反射に響くか、補助的に使用したい喀出力を高める薬剤、患者さんへのワクチン適用を気にする必要性、老化遅延のための食生活指針、これらを理解してみんなで“抵抗”をあげていこう。

【コラム2】その嚥下障害、医師のせい?

 誤嚥もあり日常生活動作の著しい低下を認められた在宅療養中の75歳男性。彼は右顔面神経麻痺の認知症と診断されていた。しかし主治医と野原氏が診たところ、9ヶ月後にはぐんぐん改善し、日常生活動作に問題はなく顔面に麻痺は残るが、なんと認知症ではなかったのだ。彼らがしたこと、それは無くても良い薬を切っていくこと。コラム2では、なるべく出したくない薬剤性嚥下障害の原因薬剤をお伝えする。もちろん薬の事だけでなく、口腔ケアや、食事内容の工夫、補液、呼吸理学療法などみんなで支えていくことが大前提だが、出されている薬が本当に必要な薬なのか、見落としたくないところだ。

第10回 それは誤解です! 胃瘻イコール禁食、ではない

 陥りやすい胃瘻の誤解を一挙公開。この番組でお伝えしてきた食事支援や様々な方法、それらを実践しどんなに手を尽くしても、悲しいかな誤嚥になってしまう患者さんは実際にいるであろう。では、その段階に来たらどう判断すれば良いのか。急性期を乗り越えるための胃瘻?胃瘻があれば経口摂取は危険?ありがちな思い込みを整理し、患者さんや家族の気持ちを考慮して判断に望もう。なんと野原氏が診なおしたところ、全量経口摂取禁止44例のうち、実に39例が経口摂取可能だったのだ。

第11回 食べることは生きること 嚥下機能のソフトランディング

人はいつか必ず死ぬ。治療には限界がある。しかし、その人が死ぬまでにいかに生きるかを考えたい。患者さん、家族が、食事に対してどう感じているのか、どのような終末期を望んでいるのかを、私たちは考えなければならない。最後の最後である終末期は、これまでと変わらぬ、いや、これまで以上にキュアよりも“ケア”をモットーに、患者さんと接していきたい。食べることの幸せを、最後まで生ききることの大切さを、スタッフ全員が、患者さん、そのご家族と十分コミュニケーションし分かち合えた時、それが、摂食・嚥下マネジメントのゴールなのかもしれない。

野原 幹司 ( のはら かんじ )氏 大阪大学歯学部附属病院 顎口腔機能治療部

1997年 大阪大学歯学部歯学科卒業。 2001年 大阪大学大学院歯学研究科修了 博士号取得(歯学)、大阪大学歯学部附属病院 顎口腔機能治療部 勤務。 翌年より医長、現在に至る。 専門分野:摂食・嚥下障害、栄養障害、音声言語障害、睡眠時無呼吸症、口腔乾燥症。著書:『認知症患者の摂食・嚥下リハビリテーション』(南山堂)、『摂食・嚥下障害検査のための内視鏡の使い方(DVD&ブックレット)』、『訪問歯科診療ではじめる摂食・嚥下障害へのアプローチ』(医歯薬出版)など多数。

関連商品

  • みんなの症候診断<上巻>
  • 前野哲博先生が送るクイズ形式で学ぶ病歴聴取テクニック!うつ病、腎梗塞、パニック障害もすぐに診断

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら