ニュース 泌尿器科 ニュースアーカイブ

薬物過剰摂取者からの臓器提供、米国で急増

 オピオイド系鎮痛薬などの過剰摂取が社会的な問題となっている米国で、薬物過剰摂取による死亡者が臓器移植のドナーになるケースが劇的に増加したことが、米ジョンズ・ホプキンス大学のChristine Durand氏らによる調査から明らかになった。調査では、薬物…

医療一般

日本未承認の抗がん剤は65剤、月1千万円超の薬剤も:国立がん研究センター

 国立研究開発法人国立がん研究センター(理事長:中釜 斉)先進医療・費用対効果評価室(室長:藤原 康弘)は2018年4月23日、2015年4月から公開している「国内で薬事法上未承認・適応外となる医薬品・適応のリスト」の最新集計結果(2018年4月4日現在)を…

医療一般

薬が効かない「スーパー淋菌」に警鐘、米専門家ら

 今年はじめ、ある英国人男性が一般的に使用されている抗菌薬が効かない「スーパー淋菌」に感染していたことが明らかになり、人々に衝撃を与えた。専門家らは、今後このような多剤耐性淋菌の感染は米国でも広がる可能性があるとして、警鐘を鳴らしている。

医療一般

「悪夢のスーパー耐性菌」アウトブレークの可能性も、CDC警告

 米疾病対策センター(CDC)は4月3日、全米の保健局から提出された薬剤耐性菌のサンプルを分析した結果、それまで米国ではほとんど確認されていなかった型の耐性遺伝子を保有する「悪夢の細菌(nightmare bacteria)」が221サンプルも見つかったことを明ら…

医療一般

がん治療薬、「軽い朝食とともに服用」で減量可能か

 米国では、前立腺がんの治療でアビラテロン酢酸エステル(商品名ザイティガ)を使用すると、1カ月当たりの治療費は約1万ドル(約106万円)に上る。しかし、軽い朝食とともにザイティガを服用すれば、使用量を減らし、治療費を節減できる可能性があることが…

医療一般

PSA検診への逆風は続くのか?過去最大級の比較対照試験(解説:榎本裕氏)-838

「前立腺がんの早期発見にPSA検査が必須である」ということに異論の余地はない。ただし、「一般男性を対象としたPSAスクリーニングが有用である」のかどうかについては以前より議論が尽きないところである。

CLEAR!ジャーナル四天王

精子数の減少は心血管代謝や骨密度にも影響か

 精子の数が少ない不妊症の男性は心血管代謝の指標が悪化しやすく、骨密度も低下しやすいなど、生殖機能以外にも健康に問題を抱えている可能性が高いことが、約5,200人の不妊男性を対象とした新しい研究で示された。精子の数が減少した男性は、そうでない男…

医療一般

男性用ピル、臨床試験で有望な成績

 男性用の経口避妊薬(ピル)の開発に向けた研究で大きな前進がみられた。50歳未満の男性100人を対象としたジメタンドロロン・ウンデカン酸(DMAU)と呼ばれる男性用ピルの臨床試験で、DMAUの忍容性が確認され、精子の形成に必要なホルモンの濃度が低下する…

医療一般

ペムブロリズマブ、臓器横断的な腫瘍に国内申請

 MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:ヤニー・ウェストハイゼン)は2018年3月30日、局所進行性又は転移性の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)がんに対する効能・効果について、抗PD-1抗体ペムブロリズマブ(商品名:キイトルーダ)の製…

医療一般

前立腺がんの診断にMRI標的生検が有用/NEJM

 臨床的に前立腺がんのリスクを有する生検未施行の男性の診断では、生検の前にMRIでリスク評価を行い、がん病変が陽性の場合に標的を絞って生検を行う方法(MRI標的[狙撃]生検)が、従来の標準的な経直腸的超音波(TRUS)ガイド下生検よりも有益であるこ…

ジャーナル四天王

Pages