患者コミュニケーション塾

企画・制作ケアネット

きちんと説明したつもりが患者さんにはうまく伝わっていなかった…そんな経験はありませんか? 本コラムでは、患者と医療者が協働する医療の実現を目指し活動する認定NPO法人COMLの山口育子氏が、医療現場で起こりがちな患者・医療者間コミュニケーションの問題を紹介し、改善のためのポイントを解説します。

山口 育子 ( やまぐち いくこ ) 氏認定NPO法人 ささえあい医療人権センターCOML理事長

[略歴]

大阪市生まれ。自らの患者体験から、患者の自立と主体的医療への必要性を痛感していた1991年11月COMLと出会う。活動趣旨に共感し、1992年2月にCOMLのスタッフとなり、相談、編集、渉外などを担当。2002年4月に法人化したNPO法人ささえあい医療人権センターCOMLの専務理事兼事務局長を経て、2011年8月理事長に就任。

オンデマンド臨床医学チャンネル(CareNeTV)のご紹介

医師・医療者のためのオンデマンド臨床医学チャンネル。(有料サービス/別途登録が必要)
プライマリケア領域で人気の一流講師陣による、面白くて、役に立つ番組を1,500番組以上配信。いつでもどこでも見放題のオンデマンドサービスです。

CareNeTVの詳細はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)
本コンテンツに関する下記情報は掲載当時のものです。
[データ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなど]

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら