ニュース 呼吸器科 ニュースアーカイブ

BRAF変異肺がんにダブラフェニブ・トラメチニブ併用:EMAが肯定的見解

 欧州医薬品庁(EMA)のヒト用医薬品委員会(CHMP)は、BRAF V600E変異陽性の進行性または転移性非小細胞肺がん(NSCLC)治療として、ダブラフェニブ(商品名:タフィンラー)とトラメチニブ(商品名:メキニスト)併用療法の承認を推奨した。

医療一般

市中肺炎の心不全リスク、高いのはむしろ若年患者/BMJ

 高齢の市中肺炎患者は、心不全のリスクが高いことが示されているが、他の年齢層や肺炎の重症度との関連は不明とされる。カナダ・アルバータ大学のDean T Eurich氏らは、高齢患者だけでなく、むしろ若年の市中肺炎患者で心不全リスクが高いとの研究結果を、…

ジャーナル四天王

電子タバコは普通のタバコより毒性が少ない

 喫煙者が従来のタバコから電子タバコに切り替えると、有毒な化学物質や発がん物質の摂取量を大幅に低減できるとの研究報告が、「Annals of Internal Medicine」オンライン版に2月7日掲載された。ただし、この効果はタバコを完全にやめた場合に限られるとい…

医療一般

飲酒行動と喫煙行動、同じ遺伝子多型が影響?

 アルデヒドデヒドロゲナーゼ2(ALDH2;rs671、Glu504Lys)およびアルコールデヒドロゲナーゼ1B(ADH1B;rs1229984、His47Arg)の遺伝子多型は、飲酒行動に強く影響することが知られている。愛知県がんセンターの正岡寛之氏らは、喫煙行動と飲酒行動が関連…

医療一般

受動喫煙規制「加熱式は法施行までに判断」

 塩崎恭久厚生労働相は14日の閣議後の記者会見で、「加熱式たばこ」を受動喫煙の規制対象とするかどうかの判断のタイミングについて言及した。「健康増進法の一部を改正する法律案」(健康増進法改正案)が成立した場合、その施行までに判断を決定するとし…

医療一般

抗PD-1抗体キイトルーダ発売:悪性黒色腫とNSCLCに

 根治切除不能な悪性黒色腫およびPD-L1陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺がんの効能・効果で承認を取得している抗PD-1抗体ペムブロリズマブの発売が2017年2月15日、MSD株式会社(本社:東京都千代田区、社長:ヤニー・ウェストハイゼン)から発表され…

医療一般

低線量CT、放射線曝露によるがん誘発リスクは?/BMJ

 10年間にわたる低線量CT肺がんスクリーニングの、累積放射線被曝量とがん発生生涯寄与危険度との関連について調べた結果、スクリーニングで肺がんを108件検出するにつき1件の放射線被曝誘発の主要がんが発生する可能性が報告された。イタリア・European In…

ジャーナル四天王

新薬情報:新発売(キイトルーダ点滴静注20mg、100mg)

2017年2月15日発売 キイトルーダ点滴静注20mg、100mg(MSD) ペムブロリズマブ(遺伝子組換え)

新薬情報

肺炎球菌ワクチン定期接種化で薬剤感受性への影響は?

 肺炎球菌ワクチンは小児および成人の肺炎球菌感染を減少させたが、ワクチンに含まれない血清型(non-vaccine serotype:NVT)の有病率が相対的に増加していることが報告されている。今回、東京医科大学の宮崎治子氏らの調査から、肺炎球菌ワクチンの急速な…

医療一般

繰り返す肺炎、危険因子となる薬剤は?

 日本や高齢化が急速に進行する社会において、繰り返す肺炎(recurrent pneumonia:RP)は大きな臨床的問題である。全国成人肺炎研究グループ(APSG-J)は、わが国のRP発症率と潜在的な危険因子を調査するために、成人肺炎の前向き研究を実施した。その結果…

疫学(危険因子)

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら