NAFLD症例を診たら想起したい難病

NAFLD症例を診たら想起したい難病のイメージ

LAL-Dは脂質蓄積を生じ、重症化する遺伝性の疾患です。肝不全や脾腫などを引き起こし、小児で発症した場合、予後も不良です。本疾患の最新知見を村上潤氏が解説します。

最終更新:2019/03/12

明日、2月28日は何の日?

明日、2月28日は何の日?のイメージ

明日2月28日は、世界希少・難治性疾患の日、RDdayです。日本各地でどのような活動が行われているのでしょうか?

最終更新:2019/02/27

会員医師の約6割が医師不足・偏在を実感(会員医師アンケート)

会員医師の約6割が医師不足・偏在を実感(会員医師アンケート)のイメージ

厚生労働省発表の「現在と将来の必要医師数の需給」について、ケアネット会員医師に行ったアンケート結果を公開。

最終更新:2019/02/26

運動能力回復の可能性がある希少疾病

運動能力回復の可能性がある希少疾病のイメージ

脊髄性筋萎縮症は、脊髄の運動神経細胞が選択的に障害される疾患で、小児で発症すると2歳まで生きることが難しい疾患です。本症の最新知見を新薬を含め齋藤加代子氏が解説します。

最終更新:2019/02/26

この希少疾病の治療法は?

この希少疾病の治療法は?のイメージ

希少疾病ライブラリに掲載中の疾患をダイジェストでご紹介。第4弾は「ライソゾーム酸性リパーゼ欠損症」「特発性肺線維症」「発作性夜間血色素尿症」。症状、病因、治療などをスライドで解説します。

最終更新:2019/02/25

アルコール消毒の効果は石けんの5倍以上…使える!服薬指導箋

消毒は病気を防ぐための基本です。アルコール消毒は、手指衛生の時間短縮につながります。トイレ後や目に見える汚れには石けんを使いましょう。

最終更新:2019/02/21

希少疾病診療における現状と課題、今後の展望

希少疾病診療における現在の問題とは?その解決策はあるのか?エキスパートの先生が解説します。

最終更新:2019/02/13

進歩が著しい血友病の治療

血友病患者の予後は、定期補充療法により、飛躍的に改善しました。そして近年では、治療薬も進化しています。本症の最新知見を鈴木隆史氏が解説します。

最終更新:2019/02/12

RDday事務局手記~RDD2019にかける思い~

2月末日は、世界希少・難治性疾患の日、RDdayです。日本ではどのような活動が行われているのでしょうか?RDday事務局に伺いました。

最終更新:2019/02/08

年代により死因が異なる希少疾病

結節性硬化症は、全身の諸臓器に過誤腫性病変を起こす遺伝性疾患です。近年では、m-TOR阻害薬などの新しい治療薬も登場しました。本疾患の最新知見を大塚藤男氏が解説。

最終更新:2019/02/05

国内初の慢性便秘症PEG製剤「モビコール配合内用剤」…下平博士のDIノート

本剤は、慢性便秘症に対する国内初のポリエチレングリコール(PEG)製剤で、小児や腎機能が低下した高齢者にも使いやすい薬剤として期待されています。下平秀夫氏が解説します。

最終更新:2019/02/05

指定難病、3人に2人は診療経験あり

2018年12月26日に実施したケアネット自主企画調査「希少疾病診療の現状に関するアンケート」の結果を公開いたします。

最終更新:2019/02/04

酵素補充療法が予後改善となる希少疾病

低ホスファターゼ症は、主に6つの類型に分類され、各類型では症状も予後も異なり、診療には難渋します。本症の最新知見を大薗恵一氏が解説します。

最終更新:2019/01/29

10代の抗インフル薬関連異常行動。添付文書はこう変わった…診療よろず相談TV

今回のテーマは、流行シーズンを迎えた「インフルエンザ」。非専門医が実臨床で覚えておくべきポイントを5つに絞り、Q&A形式で解説する。回答者は川崎市健康安全研究所 所長 岡部信彦氏。

最終更新:2019/01/17

脳波所見に特徴のある希少疾病

てんかんの中でも特徴的な症状を呈する「環状20番染色体症候群」。症状によっては突然死を招くこともある希少疾病です。本症の最新知見を奥村彰久氏が解説します。

最終更新:2019/01/15

子供でも使えるインフルエンザの吸入薬…吸入薬使い方ガイド

ザナミビル(リレンザ)は、小児も成人と同じ用量で使用できます。しっかりした吸入が可能かどうかの確認が大切です。動画で吸入法を確認しましょう。動画提供は「環境再生保全機構」。

最終更新:2019/01/04

年齢で追う! ワクチンキャッチアップ

今年は「風疹」の流行が拡大しました。その原因はワクチン未接種の成人中年男性だといわれています。大人のワクチンキャッチアップについて、中山久仁子氏に寄稿いただきました。

最終更新:2018/12/28

初回には要確認の抗インフルエンザ薬…吸入薬使い方ガイド

ザナミビル(リレンザ)は、1日2回5日間吸入する必要があります。自宅でも正しく吸えるように、吸入動作を必ず確認するようにしましょう。動画提供は「環境再生保全機構」。

最終更新:2018/12/18

動画で学ぶインフルエンザの吸入薬…吸入薬使い方ガイド

ラニナミビル(イナビル)は、子供にも使えます。10歳未満の小児は、大人の半分の量なので注意が必要です。動画で正しい吸入法を確認しましょう。動画提供は「環境再生保全機構」。

最終更新:2018/12/04

薬物過量内服患者の診療の落とし穴

今回は、薬物の過量摂取への救急対応です。身体所見、諸検査の中で一番重要なものは何かを坂本壮氏が丁寧に説明。ケースによっては、胃洗浄が禁忌の場合もあるそうです。

最終更新:2018/11/28

Pages