乳がん生存者の疲労軽減に「自己指圧」が有望

提供元:
HealthDay News

乳がん生存者の疲労軽減に「自己指圧」が有望のイメージ

 乳がん生存者を苦しめるがん治療の後遺症は、自分でできる自己指圧(self-acupressure)で解消できる可能性があることが、米ミシガン大学のSuzanna Zick氏らの研究で示された。疲労を訴える生存者が自己指圧を行ったところ、通常ケアを受けた女性に比べて慢性疼痛や不安、抑うつ、不眠などの症状が改善したことが分かった。この研究結果は「JNCI Cancer Spectrum」1月16日オンライン版に発表された。
 Zick氏によれば、乳がん… [続きを読む]

[2019年1月24日/HealthDayNews]Copyright (c) 2019 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)