地中海食が女性の心疾患予防に良い理由

提供元:
HealthDay News

地中海食が心疾患予防に良い理由のイメージ

 果物や野菜、魚、オリーブ油、ナッツ、全粒穀物などが豊富な地中海食が心疾患予防に有用とする新たな報告が、「JAMA Network Open」12月7日オンライン版に掲載された。この報告によると、地中海食に近い食事を取り続けた女性では、そうでない女性に比べて心疾患リスクが25%低いことが分かった。また、こうした地中海食の心疾患予防効果には、炎症や糖代謝、肥満度といった従来の心血管リスク因子が影響していることも明らかになった。

 米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院のShafqat Ahmad氏らは、米国のWomen's Health Study(WHS)に参加した健康な女性2万5,994人(平均年齢54.7歳)を対象に、地中海食の遵守度で3つのグループに分けて、最長で12年間追跡した。

 その結果、地中海食の遵守度が最も低い群に比べ、遵守度が中程度だった群では心疾患リスクが23%低く、遵守度が最も高い群では28%低いことが分かった。また、地中海食の遵守度が中程度の群と最も高い群を合わせると、最も低い群に比べて心疾患リスクは25%低かった。

 Ahmad氏らは、地中海食に近い食事を取り続けた女性にみられた心疾患リスクの低減度は、コレステロール低下薬のスタチンや他の心疾患予防薬を服用した場合と同程度だとしている。

 地中海食による心疾患リスクの低減効果は、これまでにも報告されているが、その理由は明らかになっていなかった。Ahmad氏らは今回、その理由についても検討し、こうした心疾患リスク低減の29.2%は、地中海食による炎症の低減と関連していることを突き止めた。他にも、心疾患リスクの低減には、糖代謝およびインスリン抵抗性の改善(27.9%)と肥満度(BMI)の減少(7.3%)のほか、血圧(26.6%)とコレステロール値(26.0%)などの変化とも関連していた。

 以上の結果を踏まえ、Ahmad氏は「炎症や糖代謝、インスリン抵抗性のほか、血圧と脂質といった従来の心血管リスク因子が、長期にわたる地中海食による心血管疾患の予防効果と関与していることが分かった」と結論づけている。その上で、「この結果は、公衆衛生分野に強力なインパクトを与えるもので、いずれは心血管疾患の一次予防に重要な結果をもたらす可能性がある」と付け加えている。

[2018年12月12日/HealthDayNews]Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)