聴力が低下した人は事故による負傷リスクが高い?

提供元:
HealthDay News

聴力が低下した人は事故による負傷リスクが高い?のイメージ

 難聴で困るのは会話が聞き取りづらい時くらいだと考えている人は少なくないだろう。しかし、難聴による問題はそれだけではない可能性があることを示した研究結果が「JAMA Otolaryngology–Head & Neck Surgery」3月22日オンライン版に発表された。研究では、難聴があると事故で負傷するリスクも高まることが明らかになったという。

 この研究は、米ブリガム・アンド・ウイメンズ病院耳鼻咽喉科のNeil Bhattacharyya氏らが実施したもの。「難聴、特に加齢に伴う難聴は自然なことであり、社会生活に支障が出ることはあるが、それほど大きな問題ではないと考えられがちだ。しかし、聴覚は周囲の危険を察知する上で重要な役割を果たしている。そのため、聴力の低下が事故による負傷リスクを高めるのではないかと考えた」と同氏は研究を実施した背景について説明している。

 今回の研究では、2007~2015年の米国民健康聞き取り調査(National Health Interview Survey ; NHIS)で聴力と直近3カ月以内の事故による負傷に関する質問に回答した18歳以上の男女2億3220万人を対象に、難聴と事故による負傷との関連について検討した。NHISでは聴力について「極めて良好」「良好」「わずかに問題あり」「中等度の問題あり」「重大な問題あり」「聞こえない」の6段階で自己評価してもらった。

 対象者の2.8%(660万人)に事故で負傷した経験があったが、こうした負傷経験者の6人に1人で聴力が良好に満たないレベルに低下していた。解析の結果、聴力が極めて良好または良好だった人と比べた事故による負傷リスクは、聴力にわずかな問題があった人で1.6倍、中等度の問題があった人で1.7倍、重大な問題があった人で1.9倍となり、聴力の低下にしたがって事故による負傷リスクが高まることが分かった。

 また、事故が起こったタイミングを「仕事中」と「余暇活動中」、「運転中」に分けて解析した結果、聴力の低下は特に余暇活動中の事故による負傷のリスクに強く関連することが明らかになった。これについてBhattacharyya氏は「余暇を負傷リスクの高い機会として捉える人は少ないと思われるが、聴力低下による負傷が最も多いのが余暇活動中だというのは注目に値する」とした上で、「難聴は考えられている以上に重大な影響をもたらす可能性がある」と指摘している。

 米国では、医療機関で提供される治療のうち、事故による負傷の治療が占める割合が高い。また、事故による負傷は米国民の主要な死因でもあり、米疾病対策センター(CDC)によると、2011年に死亡した人の死因の5%を占めていた。

 今回の研究結果を踏まえ、Bhattacharyya氏らは「難聴の検査や治療は広く普及しているため、難聴を事故による負傷の予防可能なリスク因子とみなすべきだ」と主張している。

[2018年3月22日/HealthDayNews]Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら