女性の脳卒中リスクを高める要因とは?

提供元:
HealthDay News

女性の脳卒中リスクを高める要因とは?のイメージ

 女性は男性と比べて脳卒中を発症するリスクが高いことが分かっているが、女性の中でも特にそのリスクが高い人にはどのような特徴があるのだろうか。米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院のKathryn Rexrode氏らは、これまでの研究論文のレビューに基づき女性の脳卒中リスクを高める因子を特定し、「Stroke」2月8日オンライン版に掲載された論文で報告した。

 Rexrode氏らによると、米国では脳卒中の年間発症者数は女性が男性を5万5,000人上回る。しかし、女性は男性と比べて脳卒中リスクが高く、死亡率も大幅に高いことはあまり知られていないという。

 同氏らは今回、なぜ女性は男性と比べて脳卒中リスクが高いのか、どのような要因が女性の脳卒中リスクを上昇させているのかを調べるため、女性に特徴的なさまざま因子と脳卒中リスクとの関連について検討した複数の研究データを収集し、分析した。その結果、女性の脳卒中リスクに強く関連する複数の因子が浮かび上がったという。

 そのリスク因子とは、「初経が早い(10歳未満)」「閉経が早い(45歳未満)」「デヒドロエピアンドロステロン(DHEAS、男性ホルモンの一種)の分泌量が少ない」「避妊用ピルの使用」「更年期障害に対するホルモン補充療法(経口エストロゲン製剤)」「妊娠中/周産期」「妊娠糖尿病」「妊娠中の高血圧/妊娠高血圧腎症」などだった。

 Rexrode氏は「これらのリスク因子がある女性は珍しくないが、このうち1つあるいは2つ以上の因子があったとしても、実際に脳卒中を発症する女性は極めて少ない」と強調。ただし、医療従事者に対しては「こうしたリスク因子がある女性は注意深く経過を観察すべき」とした上で、「本人にもリスクが高いことを認識してもらい、高血圧リスクを低下させ脳卒中を予防するために健康的な生活習慣を身につけるよう促すことが望ましい」と助言している。

[2018年2月8日/HealthDayNews]Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)