米国で50歳以上の大腸がんの罹患率・死亡率が減少

提供元:
HealthDay News

米国で50歳以上の大腸がんの罹患率・死亡率が減少のイメージ

 米国では、50歳以上の大腸がんの罹患率が2000年以降32%減少しており、大腸がんによる死亡数も34%減少していることが、新たな報告により明らかにされた。これは、スクリーニングの受診率が増加し、前がん性ポリ… [続きを読む]

[2017年3月1日/HealthDayNews]Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら