ヨガに関連する怪我に注意

提供元:
HealthDay News

ヨガに関連する怪我に注意のイメージ

 2001~2014年には、約3万人の米国人がヨガによる捻挫・骨折またはその他の傷害で救急科を受診した。この数字はヨガに取り組む人数に比べれば少数であり、深刻な傷害が起きる可能性は依然として低いが、ERでの治療を要する傷害の発生率は徐々に上昇しており、2001年のヨガ人口10万人あたり約9.5人から2014年には17人に増加した。しかも、これには外来受診や未治療の傷害は含まれていない。

 今回の結果は、米国の病院100施設から情報を収集した米国電子傷害監視システム(NEISS)の数字に基づくもの。傷害の種類は、関節捻挫・筋挫傷が45%、骨折が約5%であった。ただし多くの場合、具体的な診断名は記録されていなかった。特に65歳以上の高齢者で最もリスクが高く、2014年にはヨガ人口10万人あたり58件の傷害が発生した。これは全年齢の発生率10万人あたり17件の3倍以上であった。

 米国では2007年、成人の約5%がヨガをしていたが、わずか5年後には約2倍の9.5%になった。ただし、この数字だけで傷害の増加は説明できないという。Swain氏は、「全体としてヨガは比較的安全で、それ以上に利益がある可能性がある」と話しているが、共著者の1人は「ヨガにはさまざまなスタイルがあり、自分にあわせた難易度のクラスで始めることが重要だ」とアドバイスしている。

[2016年12月22日/HealthDayNews]Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら