日医会長「本体1.4%プラスなら賃上げ可能」-介護報酬改定はめりはりを

提供元:
CBnews

日医会長「本体1.4%プラスなら賃上げ可能」のイメージ

 日本医師会(日医)の横倉義武会長は29日の記者会見で、2018年度診療報酬改定について、安倍晋三首相が来春の労使交渉で3%の賃上げを企業に求めていることを引き合いにしながら、「医療従事者に対して3%の賃上げをするには、改定率で約1.4%プラス相当の財源が必要。これにより、アベノミクスを加速させ、地方創生につなげることができる」と述べた。
写真=来年度予算についてコメントする横倉会長

 この日の会見では、来年度予算編成への日医の見解を改めて示した。横倉会長は、「医療従事者への手当てと成長戦略としての医療の高度化に適切な財源を確保するために、来年度診療報酬はプラス改定にすべきだと考えている」とコメントした。

 横倉会長はまた、「介護報酬改定については、地域包括ケアシステムの推進に向けた財源の確保が重要で、地域において必要な方に、過不足なくサービスが提供されるようめりはりを付けた介護報酬体系が必要。政府に対しては、必要な財源の確保を引き続き求めていく」と強調した。

(2017年11月29日 君塚靖・CBnews)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら