コンドームカテーテルによる陰茎壊死…Dr.倉原の“おどろき”医学論文

コンドームカテーテルによる陰茎壊死…Dr.倉原の“おどろき”医学論文のイメージ

“医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を紹介します。第131回は、「コンドームカテーテルによる陰茎壊死」。

最終更新:2019/01/18

ナイアシンの値が異常、考えられる原因は?(患者説明スライド)

ナイアシンの値が異常、考えられる原因は?(患者説明スライド)のイメージ

「検査結果を見ても何のことかわからない」そんな患者さんの声に答えます。今回はナイアシンについて。監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。

最終更新:2019/01/18

10代の抗インフル薬関連異常行動。添付文書はこう変わった…診療よろず相談TV

10代の抗インフル薬関連異常行動。添付文書はこう変わった…診療よろず相談TVのイメージ

今回のテーマは、流行シーズンを迎えた「インフルエンザ」。非専門医が実臨床で覚えておくべきポイントを5つに絞り、Q&A形式で解説する。回答者は川崎市健康安全研究所 所長 岡部信彦氏。

最終更新:2019/01/17

医師として還暦を迎えて思うこと…Dr.中島の新・徒然草

医師として還暦を迎えて思うこと…Dr.中島の新・徒然草のイメージ

医師人生を無我夢中で走り続けてきたDr.中島。還暦を迎え、医師としての人生を振り返りつつ、自分が経験しないと伝えられないこと、今だから伝えたい若手への思いなどを皆さまへ送ります。

最終更新:2019/01/17

慢性便秘症の漢方薬治療

慢性便秘症の漢方薬治療のイメージ

便秘症における漢方の使い方や注意点を解説。尾高内科・胃腸クリニックの尾高健夫氏が、多くの症例を診た経験を基に語る。

最終更新:2019/01/16

出張で食生活が乱れがちな患者さん…Dr.坂根の外来NGワード

出張以外の日は体重管理ができていても、出張中に体重が増えるという患者さんがいます。体重が増えてしまう原因を明らかにして、事前に対策を考えましょう。

最終更新:2019/01/16

フレイルあり、運動・食事・薬物療法の見直し方…高齢者糖尿病診療のコツ

「フレイルやADL低下をどう糖尿病治療と結び付けるか」「腎機能低下例では?」「食事制限とタンパク質摂取どちらを優先?」等、事前アンケートで寄せられた質問に荒木厚氏が回答。

最終更新:2019/01/15

脳波所見に特徴のある希少疾病

てんかんの中でも特徴的な症状を呈する「環状20番染色体症候群」。症状によっては突然死を招くこともある希少疾病です。本症の最新知見を奥村彰久氏が解説します。

最終更新:2019/01/15

ボタンを押してすぐ吸えるスイングヘラー…吸入薬使い方ガイド

スイングヘラー(メプチン)は、発作時にすぐ使うことができます。使用後は、吸入口を清掃してから、しっかりキャップを閉めるよう指導しましょう。動画提供は「環境再生保全機構」。

最終更新:2019/01/15

Dr.長尾の胸部X線クイズ 全3巻セット

単巻購入よりお得な全3巻セット

最終更新:2019/01/15

Dr.長尾の胸部X線クイズ 上級編

超難問12症例!読影のツボは「病歴」との組み合わせ

最終更新:2019/01/15

血圧測定器を使って高血圧を体感

高血圧の実感が持てない患者さんには、血圧計のマンシェットを膨らませて触ってもらいましょう。血管への負担を体感できます。心臓の収縮は1日におよそ10万回繰り返されるそうです。(再掲)

最終更新:2019/01/14

全医師必携…Dr.倉原の“俺の本棚”

倉原氏が自身の本棚から「これは!」とウナる本を毎月1冊ピックアップ。思わず読みたくなる”医書”を紹介します。第13 回は「全医師必携」。

最終更新:2019/01/11

ビタミンC値が異常、考えられる原因は?(患者説明スライド)

診療の合間に渡して、患者さんの検査値に関する疑問を解決!今回はビタミンCについて。監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。

最終更新:2019/01/11

目標が達成できる方法…Dr.中島の新・徒然草

新年を迎え気持ち新たに目標を立てるも、思い通りに進まない…なんてことありませんか?今回は“これならできるかも!”と思える目標の立て方をご紹介します。

最終更新:2019/01/10

患者さんの「痛み」強度を見える化する

今回は、患者さんの訴える「痛み」の強さを測る、さまざまなスケールを解説します。特別な器具は不要で、日常診療でも簡単に使えるスケールについて花岡一雄氏がレクチャーします。

最終更新:2019/01/10

QOLか、お金をとるか、それが問題だ…医師のためのお金の話

今回は、家計の固定費について考えます。光熱費の削減や保険の見直しなどは、どこの家庭でも行われていますが、もっと大きな削減もできそうです。

最終更新:2019/01/09

冷えに効く食材は?…実践型!食事指導スライド

“冷えは万病のもと”と言われるくらい、さまざまな病気の原因として注目されています。とくに神経障害や動脈硬化による血流障害などがある方には、「カラダを温める食事」が効果的ですよ。

最終更新:2019/01/09

その血圧は、水深何mの水圧?

高血圧は、ほとんどの患者さんが自覚症状を感じません。わかりやすく、血圧を水圧で例えてみましょう。水圧=13.6cm/10mmHg×血圧mmHgで計算できます。(再掲)

最終更新:2019/01/07

ST低下という先入観…Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

ST低下を認める症例を目の前に、心電図から何を読みとるか…。先入観は心電図の読み落としに起因すると語るDr.ヒロが“心電図が大切なものをすべて見せている”症例を紹介します。

最終更新:2019/01/07

Pages