〇時間持続の心房細動は脳卒中と関係する

〇時間持続の心房細動は脳卒中と関係するのイメージ

無症候性心房細動の持続時間と脳卒中リスクの関係が発表されました。抗凝固薬に対する示唆もあります。

最終更新:2017/07/21

ロコモ、かかりつけ医が指導する運動療法…Dr.大江が解説

ロコモ、かかりつけ医が指導する運動療法…Dr.大江が解説のイメージ

今回のテーマは「ロコモティブシンドロームでかかりつけ医が指導する運動療法」。回答者は当該領域のスペシャリスト、NTT東日本関東病院の大江 隆史氏です。

最終更新:2017/07/20

雑誌紹介『J-IDEO 第3号』

雑誌紹介『J-IDEO 第3号』のイメージ

臨床現場で活躍する総勢30人以上の筆者があらゆる角度から感染症を解き明かす新感覚感染症誌「J-IDEO」。第3号の特集は「β-ラクタマーゼ」。

最終更新:2017/07/20

解剖用遺体を撮影してSNSに!?問われる医師の倫理観

解剖用遺体を撮影してSNSに!?問われる医師の倫理観のイメージ

医学生や若い医師たちの倫理観について問題視される出来事を最近よく耳にするという山口氏。具体的な事例を挙げて、それらの問題の本質に迫ります。

最終更新:2017/07/19

ジェネラリストが出合う眼科救急疾患

ジェネラリストが出合う眼科救急疾患のイメージ

ジェネラリストが出合う眼科救急疾患ランキング!「第1回 初期治療が重要な救急疾患!」プライマリケア医が眼科症状を有する患者さんに遭遇したら?大切なことは救急疾患の見極めです。非専門医が眼底鏡を使わずに病歴と身体診察で鑑別診断できるポイントを、重症度順にランキング形式で解説します。

最終更新:2017/07/19

査定される8つの理由を再確認…医師が知っておきたいレセプトの話

今回は、レセプトの査定についてお届けします。査定は8つの理由で行われますが、この内容を覚えておくだけでも、ミスのないレセプト作成に役立つかもしれません。

最終更新:2017/07/18

1kg減量に必要な運動とカロリー制限…糖尿病の食事指導スライド

わかりやすい図解で食事指導に役立つと好評の本連載から、人気のスライドをピックアップ。今回のテーマは「1kg痩せるのに必要な運動とカロリー制限」です。

最終更新:2017/07/18

付き合う友達が体型を左右することも

自分と友達の体型が似ていませんか? もしそうなら、友達付き合いをセーブすると、体重もセーブできるかもしれません。その理由を坂根 直樹氏が解説。(スライド再掲)

最終更新:2017/07/17

これだけ押さえれば、心房細動アブレーションがわかる

一般診療でも頻回に遭遇する心房細動。その治療は近年大きく進歩している。今回の対談では、一般診療で覚えておきたい心房細動の最新情報を紹介する。

最終更新:2017/07/14

腹水の診察。側腹部濁音法とあと4つ…Dr.平島のフィジカル教育回診

今回は「腹部膨満」です。とくに腹水診察の5つの診断法。パッと浮かびますか? 忘れていたらDr.平島のフィジカル教育回診でリマインド。今回も可愛いゲストが登場。

最終更新:2017/07/12

最近のジャーナルクラブより 急性期のFFRガイドPCIは有効か?

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。

最終更新:2017/07/12

意外?糖質の多いメニューや食材…糖尿病の食事指導スライド

わかりやすい図解で食事指導のポイントがしっかり伝わると好評の本連載から、人気のスライドをピックアップ。今回のテーマは「糖質量を左右する食材とメニュー」です。

最終更新:2017/07/11

繰り返す鼻血を訴える患者さんを診たら

遺伝性出血性毛細血管拡張症は、別名「オスラー病」といい、体のさまざまな部位に血管奇形が形成される遺伝性疾患です。本症の最新知見について小宮山 雅樹氏が解説します。

最終更新:2017/07/11

解析手法はデータタイプで決まる…わかる統計教室

多変量解析でのデータの役割を紹介。データには、原因と結果になるものがあり、数量データとカテゴリーデータでは解析手法も変わってくることを解説します。

最終更新:2017/07/10

周辺国から来る日本脳炎に気を付けろ!

今回は「日本脳炎」です。わが国では年間10例前後が報告されている程度ですが、ワクチン未接種層もおり、今後症例数の増加が危惧されます。詳しくは忽那賢志氏のレクチャーでお届けします。

最終更新:2017/07/10

健康にはバランスの取れた体型が大事

体型が平均余命を左右するという研究レポートがあります。やせすぎ、肥満はよくありませんが、小太りではどうでしょう?詳細を坂根 直樹氏が解説します。(スライド再掲)

最終更新:2017/07/10

書籍紹介『高齢者のための感染症診療』

岩田 健太郎氏が総監修する新たな臨床指南書が誕生。第1弾は「感染症診療」編。フレイル、免疫低下など高齢者ならではの特徴を提示し、外来、在宅、施設などでの感染症診療を解説。

最終更新:2017/07/10

マスクをつけると魅力が低下する…Dr.倉原の“おどろき”医学論文

“医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を紹介します。第94回は、「マスクをつけると魅力が低下する」。

最終更新:2017/07/07

治療にはチームを作って当たる褥瘡(患者説明スライド)

在宅診療などでみられる褥瘡について、患者さんとその家族に理解を深めてもらうために、最低限の知識を1枚のスライドに入れ込み、お届けします。

最終更新:2017/07/07

救急エコー最速RUSH!

わずか2分でショックの鑑別 使える最速エコーテクを最短で身につけろ!

最終更新:2017/07/07

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら