何年禁煙すれば、がんリスク低下?(患者説明用)

何年禁煙すれば、がんリスク低下?(患者説明用)のイメージ

あらゆるがんのリスクが指摘される喫煙。禁煙何年で喫煙歴ゼロの人と同等のがんリスクに低下するのかを説明するスライドです。

最終更新:2018/02/23

HBOC診療の実際~チーム医療の観点から~

HBOC診療の実際~チーム医療の観点から~のイメージ

「実戦! THE NEXT STEP HBOC診療」をテーマに開催された第6回日本HBOCコンソーシアム学術総会。前編として「チーム医療」の概要を紹介する。

最終更新:2018/02/23

腎機能の評価法と説明の仕方は?…診療よろず相談TV

腎機能の評価法と説明の仕方は?…診療よろず相談TVのイメージ

「CKD」編第1回、今回のテーマは腎機能の評価法と説明の仕方について。回答者は当該領域のスペシャリスト、国立病院機構東京医療センター腎臓内科の松浦友一氏です。

最終更新:2018/02/22

いい気分になる疑義照会…Dr.中島の新・徒然草

いい気分になる疑義照会…Dr.中島の新・徒然草のイメージ

他職種とのコミュニケーション、どうせならお互い気持ちよく、得意分野を活かせるようにしたいものです。中島先生提案の、効率的で気分もいい、疑義照会の3つのコツとは。

最終更新:2018/02/22

続く経営のコツは「小さく産んで…」

続く経営のコツは「小さく産んで…」のイメージ

診療所の開業資金はどのくらい必要でしょう。また、そのときに注意することは何でしょう。そんな疑問に、開業支援を手掛ける医療コンサルタント田中利樹氏が回答します。

最終更新:2018/02/21

チョコ好きの患者さんがはまる落とし穴…Dr.坂根の外来NGワード

健康に良いともいわれるチョコにも、さまざまな肥満への罠が仕掛けられています。今回は、チョコを食べるうえで注意する点を解説します。

最終更新:2018/02/21

毎日のパルミコートの吸入手順を確認…吸入薬使い方ガイド

パルミコートの吸入手順を確認します。吸入準備の細かい作業を動画でご覧ください。動画提供は「環境再生保全機構」。

最終更新:2018/02/20

書籍紹介『一問一答! 腰痛のエビデンス』

腰痛をめぐるさまざまなトピックに「疑問」を立て、それらに対して国内外の多数の文献や著者の豊富な臨床経験を元に検証を実施。一問一答形式でコンパクトに解説しています。

最終更新:2018/02/20

健康への投資で医療費の心配をなくす

医療費が心配だと不安な患者さんに、今の努力が将来の医療費の不安解消につながることを説明します。糖尿病合併症を起こした場合のリスクも交えて説明してみましょう。

最終更新:2018/02/19

書籍紹介『あたらしい皮膚科学 第3版』

新たに約250点にのぼる臨床・病理写真、模式図、表を追加した皮膚科学のテキストの第3版。最新の知見を盛り込み、さらに読みやすく、使いやすく進化しました。皮膚科診療に携わる医療者に必携の1冊。

最終更新:2018/02/19

尿路感染症を繰り返す患者を専門医に紹介するタイミングは…Dr.清田が解説

今回のテーマは、尿路感染症を繰り返す患者を専門医に紹介するタイミングについて。回答者は当該領域のスペシャリスト、東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 泌尿器科教授の清田浩氏です。

最終更新:2018/02/15

「ナース冷たすぎワロタ」…Dr.中島の新・徒然草

冷たくもなるでしょう!と思いますが、症状に苦しんでいることには違いなく、急変の可能性も…。深夜の救急に現れる酔っ払い患者への、“大人な?”対応術とは。

最終更新:2018/02/15

これが僧帽弁閉鎖不全の低侵襲最新治療「MitraClip」の実際だ

高齢化と共に増加する僧帽弁閉鎖不全症(MR)。MRでは早期治療が重要だが、手術が適応できず治療が遅れる例も少なくない。そのようななか登場した経カテーテルの僧帽弁治療MitraClipの原理を紹介する。

最終更新:2018/02/15

ダイエット飲料の飲み過ぎに注意(患者説明スライド)

人工甘味料入り飲料を1日1本以上飲む人はまったく飲まない人と比べて、脳卒中とアルツハイマー型認知症の発症リスクが約3倍というデータを紹介します。

最終更新:2018/02/13

F検定で何がわかる?…わかる統計教室

「血液型とホームラン数が関連するか?」という身近なデータを例に、F検定について説明します。以前学習した相関比も再確認しましょう。

最終更新:2018/02/13

私が出合ったマジヤバイ胸部画像読本…Dr.倉原の“俺の本棚”

倉原氏が自身の本棚から「これは!」とウナる本を毎月1冊ピックアップ。思わず読みたくなる”医書”を紹介します。第2回は「私が出合ったマジヤバイ胸部画像読本」。

最終更新:2018/02/13

ゴロ寝でテレビは進化か、退化か?

日頃の運動不足へ警鐘を鳴らす、患者指導法です。とくに昔、運動習慣のあった方には、今と過去を比較させることも大事かもしれません。坂根直樹氏が解説します。

最終更新:2018/02/12

ちょっと今から仕事やめてくる…シネマセラピー

長時間労働の問題が表面化し、「働き方改革」の行方も気になる昨今。映画を題材に、メンタルヘルスの側面から働き過ぎと働かせ過ぎの心理を探る。

最終更新:2018/02/09

「正しいからではなく自分がどう生きたいか」あるHBOC患者の選択

第6回日本HBOCコンソーシアム学術総会 市民公開講座で、患者の立場から講演を行った冨田多香音氏に、HBOCとの向き合い方について話を伺った。

最終更新:2018/02/09

週1~2回の運動でも心血管死亡リスクが4割減

運動する時間がないという人に向けて、運動が週1~2回でもメリットはあることを説明するスライドです。

最終更新:2018/02/09

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら