運動時の脈拍の測定法と年齢による簡単な目安…できる!糖尿病の運動療法

運動時の脈拍の測定法と年齢による簡単な目安…できる!糖尿病の運動療法のイメージ

今回は、安全に効果的な運動をするための年齢による脈拍の目安と1分間の脈拍の測定法を学びます。詳しい方法については3分間の動画で学習ください。

最終更新:2017/09/22

LDL-C測定は直接法、Friedewald式どちらで?…Dr.山下が解説

LDL-C測定は直接法、Friedewald式どちらで?…Dr.山下が解説のイメージ

今回のテーマは「LDL-C測定は直接法? Friedewald式?」。回答者は当該領域のスペシャリスト、りんくう総合医療センター/日本動脈硬化学会 理事長 山下静也氏です。

最終更新:2017/09/21

第3の患者ニーズ…Dr.中島の新・徒然草

第3の患者ニーズ…Dr.中島の新・徒然草のイメージ

受診理由が同じ「頭痛」でも、何を求めて病院に来たかは人それぞれ。それでも大別すると2つのニーズに分けられていたものが、最近は第3のニーズがあるようです。

最終更新:2017/09/21

米国における医師と薬剤師の役割

米国における医師と薬剤師の役割のイメージ

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。今回は、ワルファリンの用量管理、免疫抑制薬の管理など、臨床現場での医師と薬剤師の密接なパートナーシップを紹介。

最終更新:2017/09/20

インスリン導入のハードルはこれで解決!

インスリン導入のハードルはこれで解決!のイメージ

明日からできるインスリン導入ABC 第1回「これからの常識!プライマリケアでインスリン導入」。インスリンはプライマリケアでも積極的に導入すべき時代がやってきています。処方例はもちろんのこと、患者が受け入れやすい説明の仕方やインスリン注射と血糖自己測定の手技まで実際に導入できるノウハウを網羅。

最終更新:2017/09/20

どうするローカルルールへの対処法…医師が知っておきたいレセプトの話

今回は「診療報酬のローカルルール」をお届けします。異動の多い医師を悩ます、厄介なこの問題について解説。今後に活かすことのできる対処法についてレクチャーします。

最終更新:2017/09/19

睡眠の質を良くするアドバイス

寝酒を飲んで眠る患者さん。これでは質の良い睡眠もとれず、肝臓にも負担がかかります。なぜ、習慣的な寝酒はいけないのか坂根直樹氏の解説でお届けします(再掲)。

最終更新:2017/09/18

書籍紹介『消化器画像診断アトラス』

消化器疾患の典型的画像所見を多数掲載した画像診断アトラスが登場。上部・下部消化管と肝胆膵を含む消化器領域全般をカバーしています。

最終更新:2017/09/18

サザエさん症候群は自殺リスクが高い?…Dr.倉原の“おどろき”医学論文

“医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を紹介します。第99回は、「サザエさん症候群は自殺リスクが高い?」。

最終更新:2017/09/15

2型糖尿病でがん死亡リスクが増加

糖尿病によって増加するがん死亡リスクをまとめたスライド。糖尿病予備群での予防、糖尿病患者での管理の重要性を示します。

最終更新:2017/09/15

妻(夫)が要介護になった時…Dr.中島の新・徒然草

ご自身の伴侶に介護が必要になった場合どうするか、考えたことはありますか? 今回の「新・徒然草」は、結婚式で誓う定番のあの言葉の意味を考えさせられます。

最終更新:2017/09/14

日本脳炎のワクチン接種に一言!

「日本脳炎 その2」をお届けします。ワクチン接種のため年間発症例も10例程度となりましたが、ワクチン接種にも思わぬ落とし穴が。忽那賢志氏のレクチャーでお届けします。

最終更新:2017/09/13

糖尿病患者を専門医に紹介するタイミング

プライマリ・ケアの疑問 Dr.前野のスペシャリストにQ!(糖尿病編)第1回 専門医に紹介するタイミングは? 血糖コントロール不良の具体的数値や期間は?インスリン導入のタイミングで紹介していいの?など、前野哲博先生がプライマリ・ケアの視点で選んだ「糖尿病患者を専門医に紹介するタイミング」に関する疑問にスペシャリスト岩岡秀明先生がズバリ答えます。

最終更新:2017/09/13

糖尿病治療薬の処方、どう変化している?

2型糖尿病患者を1ヵ月に10例以上診察するケアネットの医師会員500人に聞いて作成した「ケアネット白書~糖尿病編2017」から、薬剤の処方状況や薬剤選択で重要視する項目などを紹介。

最終更新:2017/09/12

予後が健康な人と同じくらい改善した難病

血友病は、遺伝子異常で起こる血液凝固異常症です。最近では、定期補充療法で予後も改善されてきました。本症の最新知見について鈴木隆史氏が解説します。

最終更新:2017/09/12

今さら聞けない酸分泌抑制薬の作用

PPI、H2ブロッカー、P-CABなど臨床での使用頻度が高い酸分泌抑制薬。それぞれの作用や使用上の注意の違いについて、自信を持って説明できますか?

最終更新:2017/09/11

サブスペシャリティとして選んだ心不全研究の魅力

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。

最終更新:2017/09/11

回帰係数の役割を理解する…わかる統計教室

重回帰式で求められた回帰係数は、どのように解釈すればよいでしょう。今回は、回帰係数の読み方を学習します。

最終更新:2017/09/11

なぜ糖尿病の治療の最初が肝心なのか

糖尿病治療のレガシー効果について、患者さんに説明します。なかなか効果がでなくても、今の治療が決して無駄にならないことをきちんと説明しましょう(再掲)。

最終更新:2017/09/11

成人期の体重増加が糖尿病・高血圧リスクに(患者説明用)

体重増加が中等度(2.5~10kg)でも糖尿病や高血圧の発症率が大幅に増加することをグラフで示し、体重管理が重要であることを伝えます。

最終更新:2017/09/08

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら