特例1,860時間は妥当? あり得ない? 医師1,000人のリアルな本音

特例1,860時間は妥当? あり得ない? 医師1,000人のリアルな本音のイメージ

「医師の働き方改革」の議論が大詰めを迎えています。示されている枠組みは妥当か、それとも? 時間外労働時間の実態と併せて、会員医師千人に率直な意見をお聞きしました。

最終更新:2019/03/14

明日、2月28日は何の日?

明日、2月28日は何の日?のイメージ

明日2月28日は、世界希少・難治性疾患の日、RDdayです。日本各地でどのような活動が行われているのでしょうか?

最終更新:2019/02/27

会員医師の約6割が医師不足・偏在を実感(会員医師アンケート)

会員医師の約6割が医師不足・偏在を実感(会員医師アンケート)のイメージ

厚生労働省発表の「現在と将来の必要医師数の需給」について、ケアネット会員医師に行ったアンケート結果を公開。

最終更新:2019/02/26

この希少疾病の治療法は?

この希少疾病の治療法は?のイメージ

希少疾病ライブラリに掲載中の疾患をダイジェストでご紹介。第4弾は「ライソゾーム酸性リパーゼ欠損症」「特発性肺線維症」「発作性夜間血色素尿症」。症状、病因、治療などをスライドで解説します。

最終更新:2019/02/25

希少疾病診療における現状と課題、今後の展望

希少疾病診療における現状と課題、今後の展望のイメージ

希少疾病診療における現在の問題とは?その解決策はあるのか?エキスパートの先生が解説します。

最終更新:2019/02/13

RDday事務局手記~RDD2019にかける思い~

2月末日は、世界希少・難治性疾患の日、RDdayです。日本ではどのような活動が行われているのでしょうか?RDday事務局に伺いました。

最終更新:2019/02/08

指定難病、3人に2人は診療経験あり

2018年12月26日に実施したケアネット自主企画調査「希少疾病診療の現状に関するアンケート」の結果を公開いたします。

最終更新:2019/02/04

酵素補充療法が予後改善となる希少疾病

低ホスファターゼ症は、主に6つの類型に分類され、各類型では症状も予後も異なり、診療には難渋します。本症の最新知見を大薗恵一氏が解説します。

最終更新:2019/01/29

膀胱容量を増大させる過活動膀胱治療薬「ベオーバ錠50mg」…下平博士のDIノート

本剤は、抗コリン作用を有しないため、これまで抗コリン作用に基づく副作用によって、過活動膀胱の治療継続が困難であった患者さんや高齢者のQOL改善が期待されています。

最終更新:2019/01/29

葉酸の値が異常、考えられる原因は?(患者説明スライド)

検査値スライドを使って患者さんからの疑問をしっかりサポート。今回は葉酸について。監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。

最終更新:2019/01/04

1日1回1錠で他の抗HIV薬を併用する必要がない「オデフシィ配合錠」…下平博士のDIノート

本剤は、3剤の抗ウイルス薬を配合した1日1回服用のHIV感染症治療薬であり、服薬率が治療の成否に関わるHIV治療において良好なアドヒアランスを維持することが期待されています。下平秀夫氏が解説します。

最終更新:2018/12/18

胎児へのトキソプラズマ垂直感染を抑制する抗原虫薬「スピラマイシン錠150万単位」…下平博士のDIノート

本剤は、妊娠中にトキソプラズマに初感染した妊婦が服用することで、胎児の先天性トキソプラズマ症の発症を抑制します。下平秀夫氏が要点を解説します。

最終更新:2018/12/04

月経周期が選択できる月経困難症治療薬「ジェミーナ配合錠」…下平博士のDIノート

本剤は、超低用量卵胞ホルモン・黄体ホルモン配合剤です。周期投与と連続投与の2つの服用パターンが選択でき、月経困難症に悩む女性のQOL改善が期待されています。下平秀夫氏が要点を解説します。

最終更新:2018/11/06

新生児から保湿剤を使ってアトピーを予防(患者説明スライド)

家族にアトピー性皮膚炎歴がある新生児に、保湿剤を毎日継続することで、アトピー・湿疹の発症を抑制できる可能性が示されています。

最終更新:2018/09/14

膀胱炎・腎盂腎炎の第1選択薬は?…Dr.清田が解説

診療よろず相談TVのバックナンバーから好評の回答をピックアップ。今回は、膀胱炎・腎盂腎炎の第1選択薬について。回答者は当該領域のスペシャリスト、 東京慈恵会医科大学葛飾医療センターの清田浩氏。

最終更新:2018/09/06

書籍紹介『セックス・セラピー入門』

性機能不全(性機能障害)に対する治療やカウンセリングについて、現場の第一線で臨床や実践にあたる専門家が心理的療法を中心に、身体的診断や治療を解説。実用的な問診票フォーマットも収載。

最終更新:2018/07/18

書籍紹介『婦人科がん取扱い規約抜粋 第3版』

「子宮頸癌」「子宮体癌」「卵巣腫瘍・卵管癌・腹膜癌」「絨毛性疾患」の各取扱い規約から日常診療に役立つ項目を抽出し、1冊に集約。コンパクトなポケットサイズで常に携帯できます。

最終更新:2018/07/17

国内に数十例しかいない代謝異常症

ビタミンD依存症は、その名のとおりビタミンDの代謝異常症であり、小児では「くる病」、成人では「骨軟化症」となります。本症の最新知見を大薗恵一氏が解説します。

最終更新:2018/05/22

女性に圧倒的に多い自己免疫疾患の難病

全身性エリテマトーデスは、皮膚、関節、腎臓などで多彩な症状を示しますが、最近では治療薬も進歩し、その選択肢も増えてきました。本症の最新知見を菊池潤氏が解説します。

最終更新:2018/04/10

HBOC患者は今日にも診察室に現れるかもしれない

第6回HBOC(遺伝性乳がん卵巣がん症候群)コンソーシアム学術総会が盛会のうちに終了した。今総会を振り返って、会長である聖路加国際病院 山内英子氏に聞いた。

最終更新:2018/03/01

Pages