知っていますか? 低血糖によるリスク

Dr.坂根のすぐ使える患者指導画集

知っていますか? 低血糖によるリスクのイメージ

糖尿病の血糖管理では、低血糖への注意も重要です。インスリン使用中や高齢の患者さん、高血糖ばかりを気にする患者さんには、穴埋めクイズで、低血糖のリスクを理解してもらいましょう。

最終更新:2019/06/17

プライマリ・ケアの疑問 Dr.前野のスペシャリストにQ!【精神科編】

ケアネットDVD

プライマリ・ケアの疑問 Dr.前野のスペシャリストにQ!【精神科編】のイメージ

はっきり!スッキリ!あなたのすべきことがわかる一問一答Q&A番組!

最終更新:2019/06/15

TPが異常、考えられる原因は?

患者説明用スライド

TPが異常、考えられる原因は?のイメージ

「しっかり食事を取っても値が変なんて…」。こんな悩みを抱える患者さんに値が変動する原因をお伝えしませんか?監修は獨協医科大学病院の志水太郎氏です。

最終更新:2019/06/14

IBD診断のポイントは除外診断

診療よろず相談TV

IBD診断のポイントは除外診断のイメージ

日常診療でも診療機会のあるIBD(炎症性腸疾患)。その診断や治療薬である5-ASA製剤や抗体製剤の特徴など、日比紀文氏(北里大学北里研究所病院 炎症性腸疾患先進治療センター センター長)が解説します。

最終更新:2019/06/13

認知症と鑑別が必要な脳症

希少疾病ライブラリ

認知症と鑑別が必要な脳症のイメージ

肝性脳症は、肝機能低下により意識障害を引き起こす肝疾患です。多様な精神神経症状を来すために認知症と誤診されるケースもあるそうです。本症の最新知見を吉治仁志氏が解説します。

最終更新:2019/06/11

心筋トロポニン測定前にやるべきこと

Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

心筋梗塞などの既往をもつ患者が、息苦しさを訴えたときに最初にやるべきことは?すぐに血液検査も必要ですが、その前に心電図をよく見ておくと患者も医療者も負担軽減になるのです。

最終更新:2019/06/10

血圧測定で気を付けるべき姿勢

Dr.坂根のすぐ使える患者指導画集

血圧を測定するとき、腕の位置や足の組み方によって、血圧が変動してしまいます。自宅でも正しい姿勢で血圧測定ができるよう、普段の測定姿勢を確認しましょう。坂根直樹氏が解説します。(再掲)

最終更新:2019/06/10

鼻の診かた、鼻血の正しい止め方

一般内科医が知っておきたい他科の基本処置

今回は「鼻の診かたと鼻出血止血」をお届けします。鼻腔を診断する際の目の付けどころ、どんなツールやアイテムが必要か、止血のコツなど臨床医の知恵を伝授。監修はへき地・離島医療の助っ人、ゲネプロ。

最終更新:2019/06/07

リパーゼが異常、考えられる原因は?

患者説明用スライド

値が高くて不安そうな患者さんへ、スライドを使って原因を伝えてみませんか?監修は、獨協医科大学病院の志水太郎氏です。

最終更新:2019/06/07

測定場所で変わる血圧の原因はストレス?

Dr.坂根のすぐ使える患者指導画集

病院や家庭での血圧は良好でも、職場などのストレスによって一時的に血圧が上がってしまうことがあります。環境で変わる血圧への理解を進めましょう。坂根直樹氏が解説します。(再掲)

最終更新:2019/06/03

書籍紹介『離島発 とって隠岐のエコーで変わる外来診療』

医学のしおり

エコーを使いこなすために必要な知識や技術を、離島勤務の著者の実体験を基にまとめた1冊。運動器に焦点を当てた前著の続編となる本書は「全身にエコーを当てる」がテーマ。医師が自らプローブを当てたくなります。

最終更新:2019/05/30

耳の異物除去の手技をマスターする

一般内科医が知っておきたい他科の基本処置

プライマリケアに従事する医師が身に付けるべき耳鼻科の手技を学習します。今回は、在宅診療でも使える「耳の異物除去」です。監修はへき地離島医療の助っ人、ゲネプロ。

最終更新:2019/05/29

令和?平成? 院内の元号論争

Dr.デルぽんの診察室観察日記

改元から1ヵ月が経ちますが、皆さんの職場では、新元号へスムーズに移行できましたか?今回は、デルぽん先生が勤務中に耳にした、院内の元号切り替えについてのお話です。

最終更新:2019/05/29

書籍紹介『高血圧治療ガイドライン2019』

医学のしおり

高血圧診療ガイドラインが5年ぶりに改訂。高血圧の基準値は、前回から変わりなく140/90mmHgだが目標値は引き下げられている。

最終更新:2019/05/29

2ヵ月以上続く運動障害をみたら

希少疾病ライブラリ

進行性、再発性で運動感覚障害を引き起こす末梢神経疾患の難病がCIDPです。予後も多様で、医療者によるフォローが重要となります。本症の最新知見を小池春樹氏が解説します。

最終更新:2019/05/28

内科医も必見!心電図ドリルで力試し

Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

すきま時間を活用したブラッシュアップ第2弾!今回は、開心術既往ありでインフルエンザAと診断を受けた患者さん、肺炎疑いで頻脈となった患者さんの心電図診断をひもときます。

最終更新:2019/05/27

血圧測定を習慣にして無自覚な高血圧をなくす

Dr.坂根のすぐ使える患者指導画集

大半の高血圧患者さんには、自覚症状がありません。しかし、無自覚のまま高血圧状態が続くのは危険です。血圧が高めの患者さんには、普段から血圧測定をするように心掛けてもらいましょう。(再掲)

最終更新:2019/05/27

LDHが異常、考えられる原因は?

患者説明用スライド

「力が入らない」という患者さんのLDHは要注意!そのほか、値が変動する原因を志水太郎氏のスライドで確認しませんか?

最終更新:2019/05/24

書籍紹介『仮病の見抜きかた』

医学のしおり

仮病にまつわる医療現場のうそと偽りを叙述し、「仮病の本質」を10編のフィクションから社会に問う医学小説。著者はケアネット・ドットコムでおなじみの國松淳和氏。

最終更新:2019/05/23

呼吸困難患者を簡単に帰してはいけない

救急診療の基礎知識

今回は「呼吸困難」の診療へのアプローチをお届けします。さまざまな病因が考えられる呼吸困難。すぐに帰してはいけない理由を救急診療のエキスパート、坂本壮氏が解説します。

最終更新:2019/05/21

Pages

会員の方へ