慢性便秘症の漢方薬治療

慢性便秘症の漢方薬治療のイメージ

便秘症における漢方の使い方や注意点を解説。尾高内科・胃腸クリニックの尾高健夫氏が、多くの症例を診た経験を基に語る。

最終更新:2019/01/16

年末企画:消化管がん、2018年のHotトピック(大腸がん編)

年末企画:消化管がん、2018年のHotトピック(大腸がん編)のイメージ

大腸がんの2018年の重要トピックを、3名の若手スペシャリストが一気に本音でトーク。

最終更新:2018/12/27

腸内細菌は便秘症にどう関わるか?

腸内細菌は便秘症にどう関わるか?のイメージ

“すべての病気は腸から始まる”。腸内細菌が及ぼす影響について、京都府立医科大学の内藤裕二氏が解説。

最終更新:2018/12/26

書籍紹介『超音波の学校 vol.1 胆嚢・胆管』

書籍紹介『超音波の学校 vol.1 胆嚢・胆管』のイメージ

エコー検査が、料理のレシピのように、誰にでも上手にでき、誰でもレベルアップにつながる待望のバイブル登場。独学で学習したい人にはうってつけのテキストです。

最終更新:2018/12/26

確定診断名を書いたら査定された!…レセプト査定の回避術

確定診断名を書いたら査定された!…レセプト査定の回避術のイメージ

今回は、臨床検査、処方の請求における注意点を学習します。確定診断名で検査をすると査定となるケースもあるようです。解説は、櫻井雅彦氏(三井記念病院医師支援部)。

最終更新:2018/12/24

かみしばい『便秘症患者の嘆き』

慢性便秘症患者の実態や本音を紙芝居風に表現。監修は横浜市立大学 中島淳氏。

最終更新:2018/12/14

ガイドライン発刊後、便秘症治療の“今”を考える

医師への調査結果を基に、横浜市立大学の中島淳氏が激動の便秘症治療の現状と期待を語る。

最終更新:2018/12/12

糖尿病の方には5つのワクチン接種を推奨(患者説明スライド)

ワクチンは肺炎や気管支炎などの感染症の重症化予防に大切です。とくに感染リスクが高い糖尿病の方には、ワクチンの接種歴の確認や接種推奨を行いましょう。

最終更新:2018/12/07

慢性便秘症特集

ガイドライン登場、新薬が続々登場するなか、便秘症治療はどう変わっていくのか?慢性便秘症に関する最新のトピックスをお届け。

最終更新:2018/12/01

検査値が気になる患者さんへ:ビタミンA編(患者説明スライド)

栄養成分としてなぜ必要? 獨協医科大学病院の志水太郎氏が監修する検査値スライドを使えば、簡潔明瞭な説明に患者さんも納得です。

最終更新:2018/11/30

ESMO2018消化器がんの目玉

ESMO2018消化器がんのホットトピックを、国立がん研究センター東病院 谷口浩也氏がレポート。

最終更新:2018/11/26

大腸がん原発巣部位に関連する遺伝子とセツキシマブの治療のバイオマーカー

大腸がんの原発部位による遺伝子変異の解析とセツキシマブ治療との関連を調べた臨床研究の結果を、聖マリアンナ医科大学の砂川優氏に解説いただいた。

最終更新:2018/11/22

2アンプル増やして査定された事例…レセプト査定の回避術

今回は、日常よく処方される治療薬のレセプト請求時の落とし穴を学習します。病状詳記や病名、添付文書外など注意点を櫻井雅彦氏(三井記念病院医師支援部)が解説。

最終更新:2018/11/21

免疫CP阻害薬が効かなかったとき、患者さんにどう説明しますか…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国のがん診療の現状を語る。

最終更新:2018/11/16

大腸がんにおける好中球・リンパ球比と免疫関連遺伝子のバイオマーカー研究

大腸がんにおける好中球・リンパ球比(NLR)とセツキシマブ治療との関連を調べた臨床研究の結果を、聖マリアンナ医科大学の砂川優氏に解説いただいた。

最終更新:2018/11/09

果物の選び方で過敏性腸症候群を改善…使える!服薬指導箋

ガスが発生しやすい果物を控えると、過敏性腸症候群の症状改善に有効です。食生活からも、症状の改善を目指しましょう。

最終更新:2018/11/01

ノーベル生理学・医学賞、米国での反響…侍オンコロジスト

ダートマス大学 腫瘍内科の白井敬祐氏が、米国のがん診療の現状を語る。今回は、ノーベル生理学・医学賞の米国での反響、免疫CP阻害薬の致死的副作用について。

最終更新:2018/10/29

ESMO2018消化器がん現地速報

ESMO2018消化器がんトピックを静岡県立静岡がんセンター 山崎健太郎氏が現地ミュンヘンからオンサイトレビュー。トピック満載のGI Cancer、今回の目玉は?

最終更新:2018/10/24

病状詳記記載で査定されないレセプトへ…レセプト査定の回避術

今回は、病状詳記がなされていないために査定された事例を紹介します。また、さまざまな臨床検査での多い査定点をレセプト請求の専門家・櫻井雅彦氏(三井記念病院医師支援部)が解説します。

最終更新:2018/10/22

抗菌スペクトルが選択的な感染性腸炎治療薬「ダフクリア錠200mg」…下平博士のDIノート

本剤は、抗菌スペクトルが狭く、クロストリジウム・ディフィシルに選択的に作用するため、腸内細菌に大きな影響を与えにくく、再発リスクの軽減が期待されています。下平秀夫氏が要点を解説します。

最終更新:2018/10/16

Pages