肝移植の次は遺伝子治療で根治なるか

肝移植の次は遺伝子治療で根治なるかのイメージ

FAPは、神経症状だけでなく、消化器、循環器、眼、腎臓など多臓器にわたる症状を起こす難病です。肝移植治療のほか、治療薬も使えるようになりました。植田光晴氏が最新知見を解説。

最終更新:2017/01/24

(再掲)査定が多い悪性腫瘍の治療管理料と検査

(再掲)査定が多い悪性腫瘍の治療管理料と検査のイメージ

がんを疑い実施した検査が査定された事例です。算定要件が細かく、実際請求の現場でも査定が多い項目だそうです。カルテ、請求の際の注意点を水谷 公治氏が解説します。

最終更新:2017/01/24

森 豊先生に聞く!グリニド薬のキホン

森 豊先生に聞く!グリニド薬のキホンのイメージ

速効型インスリン分泌促進薬(グリニド薬)はどのような患者に適しているのでしょうか?効果的な併用方法、服薬アドヒアランスが不良な場合の対応等も含め、森豊先生が解説します。

最終更新:2016/12/27

がん種別の死亡率を患者さんに伝える

がん種別の死亡率を患者さんに伝えるのイメージ

患者さんに、がん種別の死亡率をお伝えするために説明用ビジュアルエイドを作りました。2014年のデータです。

最終更新:2016/12/13

主ながんの発症率を患者さんに伝える

主ながんの発症率を患者さんに伝えるのイメージ

1年間に新たにがんと診断される患者数を示します。2012年のデータです。

最終更新:2016/12/09

(再掲)大腸内視鏡施行時の麻酔薬が、なぜ査定

大腸内視鏡検査のときにプロポフォールを使用したところ、査定された事例です。日常診療では、使用されているのに、なぜ査定されてしまったのか水谷 公治氏が解説します。

最終更新:2016/12/06

3つの原則で冬の食中毒をやっつける

食中毒が冬に多いことは、あまり知られていない事実かもしれません。年末年始の会食機会が多い季節。3つの食中毒予防ルールで発生を防ぎましょう。

最終更新:2016/12/02

森 豊先生に聞く!DPP-4阻害薬のキホン

現在、多くの患者に使用されているDPP-4阻害薬。その長期安全性や膵がん・膵炎との関連についてはどのように考えればよいか?最新の知見を基に、森豊先生が解説します。

最終更新:2016/11/01

(再掲)処方した適用傷病名の確認もお忘れなく

慢性肝不全の患者にウルソを処方したところ、過剰・重複を理由に査定された事例です。原因は、傷病名が適用疾患でありませんでした。確認すべきポイントを株式会社ソラストの水谷 公治氏が解説。

最終更新:2016/09/13

(再掲)求められるその診療行為の必要性の表記

肝機能障害の患者さんへのヒアルロン酸実施が、査定された事例。その行為に必要な診断名がなかったからですが、注意点について株式会社ソラストの水谷 公治氏に解説いただきます。

最終更新:2016/08/09

イワケンの「極論で語る感染症内科」講義

ガイドラインにしばられるな!臨床で頼りになるのは自分の頭だけだ!

最終更新:2016/08/07

(再掲)最近査定急増の療養管理料への対策

腰痛などで特定疾患療養管理料を請求したところ、医学的理由で不適当と査定された事例です。本管理料の請求ミスを起こさない方策について、株式会社ソラストの水谷 公治氏に解説いただきます。

最終更新:2016/07/19

家庭医療のパール…造影CT検査を適正に行うために

日本プライマリ・ケア連合学会 海外家庭医療雑誌 表題翻訳プロジェクトからの寄稿連載。第30回のパールは「造影CT検査を適正に行うために」。

最終更新:2016/07/12

感染症コンサルタント岸田が教える どこまでやるの!? 感染対策

ICTメンバーはもちろん 全医療者必見!これが新常識!あなたの病院は大丈夫?

最終更新:2016/07/08

大腸がん 抗PD-1・PD-L1抗体の最新結果 ASCO2016レポート

ASCO2016大腸がんのトピックを国立がん研究センター東病院 消化管内科 設樂 紘平氏が聴講レポート。現在そして今後の大腸がん診療トレンドはこれだ。

最終更新:2016/06/30

胃がん ニボルマブ・イピリムマブ併用ほか ASCO2016レポート

ASCO2016胃がんのトピックを国立がん研究センター東病院 消化管内科 設樂 紘平氏が聴講レポート。現在そして今後の胃がん診療トレンドはこれだ。

最終更新:2016/06/28

認定内科医試験完全対策 総合内科専門医ベーシック vol.3

過去10年の出題傾向を徹底分析!  総合内科専門医試験の基礎固めにも

最終更新:2016/05/31

(再掲)特定保険医療材料算定時の注意点

施術したカニューレ型静脈内留置針に、医学的理由なしと査定された事例です。このケースでは、算定要件を満たしておらず査定されましたが、グレーケースの場合は、どのような対策がとれるでしょうか。判断がつかない場合の対策を株式会社ソラストの水谷 公治氏に解説いただきます。

最終更新:2016/05/24

(再掲)ネキシウムの効能外使用で査定

ステロイドで発症した胃潰瘍などにネキシウムを処方したところ、不適当と査定された事例です。本例では、添付文書の効能外使用でした。添付文書確認の重要性について、株式会社ソラストの水谷 公治氏に解説いただきます。

最終更新:2016/05/10

マンガで身体診察を学ぶ名作の第2弾

フィジカルをマンガで徹底解説する第2弾では、主人公が全国の医療機関に武者修行に出掛けます。腹痛、めまい、意識障害などの出現頻度の高い5大症候のフィジカルをどう会得するか、楽しみながら学習ください。

最終更新:2016/04/29

ページ

会員の方へ

ログインID
パスワード

IDとパスワードをお忘れの方はこちら

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら