「できない」と言えず繕い続けた医師と、信じた患者の思い

「できない」と言えず繕い続けた医師と、信じた患者の思いのイメージ

症状が安定しており、大病院での待ち時間を苦痛に感じていたC型肝炎患者。地域の非専門医に、「科に関係なく診療します」と言われ、安心してかかりつけを変更したが…

最終更新:2017/08/09

長門流 総合内科専門医試験MUST! Vol.2

長門流 総合内科専門医試験MUST! Vol.2のイメージ

出題傾向を徹底分析した最新の予想問題で学ぶ

最終更新:2017/08/07

腹水の診察。側腹部濁音法とあと4つ…Dr.平島のフィジカル教育回診

腹水の診察。側腹部濁音法とあと4つ…Dr.平島のフィジカル教育回診のイメージ

今回は「腹部膨満」です。とくに腹水診察の5つの診断法。パッと浮かびますか? 忘れていたらDr.平島のフィジカル教育回診でリマインド。今回も可愛いゲストが登場。

最終更新:2017/07/12

肝がんレンバチニブREFLECT試験をDr.設樂が解説

肝がんレンバチニブREFLECT試験をDr.設樂が解説のイメージ

ASCO2017消化器がんのトピックを国立がん研究センター東病院 消化管内科 設樂 紘平氏が聴講レポート。現在そして今後の消化器がん診療トレンドはこれだ。

最終更新:2017/06/29

胃がんFLOTレジメンおよびペムブロリズマブの効果は?ASCO2017レポート

胃がんFLOTレジメンおよびペムブロリズマブの効果は?ASCO2017レポートのイメージ

ASCO2017消化器がんのトピックを国立がん研究センター東病院 消化管内科 設樂 紘平氏が聴講レポート。現在そして今後の消化器がん診療トレンドはこれだ。

最終更新:2017/06/28

直前チェック!認定内科医試験2017の頻出ポイント総ざらい

今週末に迫った認定内科医資格認定試験。知識のヌケモレはありませんか? 試験対策のエキスパートによる長年の分析で見えてきた「頻出ポイント」を最後に確認しておきませんか。

最終更新:2017/06/27

結腸がんアジュバントの期間はやはり6ヵ月? ASCO2017レポート

ASCO2017消化器がんのトピックを国立がん研究センター東病院 消化管内科 設樂紘平氏が聴講レポート。現在そして今後の消化器がん診療トレンドはこれだ。

最終更新:2017/06/26

強い不信感を持つ外国人患者の心はいかに開かれたのか?

医療に対する強い不信感を持つ外国人患者さんが入院。たびたび不満を訴え、心を開かなかった患者さんの心を動かしたものとは?

最終更新:2017/06/23

まだ間に合う!認定内科医試験2017の頻出ポイント総ざらい

7月2日に迫った認定内科医資格認定試験。知識のヌケモレはありませんか?試験対策のエキスパートによる長年の分析で見えてきた傾向と対策をダイジェストでご紹介します。

最終更新:2017/06/21

ASCO2017開催地シカゴのオイシイ情報

ケアネットでは、学会に参加しながら米国第2の都市シカゴをお楽しみいただくため、会員の方々から現地の名所、おすすめのレストランなどを募集しましたのでご紹介します。

最終更新:2017/05/31

長門流 認定内科医試験BINGO! 総合内科専門医試験エッセンシャル Vol.2

頻出ポイントに絞ったオリジナル演習問題で学ぶ

最終更新:2017/05/24

宇宙旅行は脂肪肝のリスク…Dr.倉原の“おどろき”医学論文

“医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を紹介します。第91回は、「宇宙旅行は脂肪肝のリスク」。

最終更新:2017/05/19

最期まで医師に見せなかった患者の本音

6年前に胃がんのため逝去されたCOML創始者の辻本氏。すべてを受け入れ、穏やかに過ごしているように見えた同氏が、最期まで医師に見せなかった本音とは?

最終更新:2017/05/18

解明が進むIgG4関連疾患

IgG4関連疾患は、単一または複数臓器に腫大や結節などを認める原因不明の疾患です。鑑別が煩雑でつい見落とす可能性もあるようです。最新の知見を神澤 輝実氏が解説します。

最終更新:2017/04/18

NASH診断に有用な血清マーカーとは?…中島淳氏が解説

今回のテーマは「診断に有用な血清マーカー」。回答者は当該領域のスペシャリスト、横浜市立大学大学院医学研究科 肝胆膵消化器病学教室主任教授の中島淳氏です。

最終更新:2017/04/13

Dr.宮本のママもナットク!小児科コモンプラクティス

“小児診療あるある”への正しい対処と落ちつかせる説明

最終更新:2017/04/07

Dr.たけしの本当にスゴい症候診断3

あなたの外来が変わる! 主要20症候への“根拠あるアプローチ” Dr.たけし流 新世代診断学 集大成

最終更新:2017/04/07

PPIで予防可能か?ワルファリン服用中の出血

PPIはNSAIDsや抗血小板薬服用者の上部消化管出血リスクを抑える。ワルファリン服用者ではどうか?

最終更新:2017/03/10

肝臓・脾臓が触れたら想起したい疾患

ライソゾーム酸性リパーゼ欠損症は、小児期、成人と2つの表現型をもつ難病です。早期発見で治療すれば患者の予後改善も可能です。最新の知見を村上 潤氏が解説します。

最終更新:2017/03/07

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら