続く経営のコツは「小さく産んで…」

続く経営のコツは「小さく産んで…」のイメージ

診療所の開業資金はどのくらい必要でしょう。また、そのときに注意することは何でしょう。そんな疑問に、開業支援を手掛ける医療コンサルタント田中利樹氏が回答します。

最終更新:2018/02/21

Twitterでカンファレンスする時代?…Dr.倉原の“おどろき”医学論文

Twitterでカンファレンスする時代?…Dr.倉原の“おどろき”医学論文のイメージ

“医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を紹介します。第109回は、「Twitterでカンファレンスする時代?」。

最終更新:2018/02/16

これが僧帽弁閉鎖不全の低侵襲最新治療「MitraClip」の実際だ

これが僧帽弁閉鎖不全の低侵襲最新治療「MitraClip」の実際だのイメージ

高齢化と共に増加する僧帽弁閉鎖不全症(MR)。MRでは早期治療が重要だが、手術が適応できず治療が遅れる例も少なくない。そのようななか登場した経カテーテルの僧帽弁治療MitraClipの原理を紹介する。

最終更新:2018/02/15

週1~2回の運動でも心血管死亡リスクが4割減

週1~2回の運動でも心血管死亡リスクが4割減のイメージ

運動する時間がないという人に向けて、運動が週1~2回でもメリットはあることを説明するスライドです。

最終更新:2018/02/09

米国専門医もつらいよ…米国臨床留学記

米国専門医もつらいよ…米国臨床留学記のイメージ

日本では専門医制度が紆余曲折を経てようやく緒に就いたところですが、米国ではかなり負担の大きな制度となっているようです。臨床留学中の循環器医・河田宏氏の現地レポート。

最終更新:2018/02/08

Dr.林の笑劇的救急問答13<下巻>

救命だけが救急の使命ではない!見逃し厳禁!高齢者骨折

最終更新:2018/02/07

Dr.大山のがんレク!すべての医療者に捧ぐがん種別薬物療法講義(下巻)

がん医療は複雑…でも、ここまでは知っておいてほしい。

最終更新:2018/02/07

家庭医療のパール…二次性高血圧症の考え方と検索法

日本プライマリ・ケア連合学会 海外家庭医療雑誌 表題翻訳プロジェクトからの寄稿連載。第43回のパールは「二次性高血圧症の考え方と検索法」。

最終更新:2018/02/05

脂質異常症の理解促進(患者説明スライド)

脂質異常症の患者さんへの最初の説明でご使用ください。最新のガイドラインに基づいた基準値が簡単にまとまっています。

最終更新:2018/02/02

differすべきか、せざるべきか。3枝病変のリスク評価

FFR Club Japanの協力のもと、適切なPCIの推進に重要な役割を担う冠血流予備量比(Fractional Flow Reserve:FFR)に関する最新論文を紹介していく。

最終更新:2018/01/30

性行為中に死亡するリスクとは?…Dr.倉原の“おどろき”医学論文

“医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を紹介します。第107回は、「性行為中に死亡するリスクとは?」。

最終更新:2018/01/19

2017心房細動論文ベスト10

2017年に発表された心房細動関連の論文から小田倉氏が選んだ、とくに重要な論文Best10を発表します。

最終更新:2018/01/18

コードブルー、米国の場合…米国臨床留学記

コードブルーをはじめ、いくつものエマージェンシーコードがあるのは日米共通ですが、現場での動き方や役割はかなり異なるようです。臨床留学中の循環器医・河田宏氏の現地レポート。

最終更新:2018/01/09

最終回:Stanfordフェローとしての2年半を振り返って

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。今回はフェローとしての情報発信した2年半を振り返る最終回。

最終更新:2017/12/28

開業立地を選定するポイントは3つ

開業成功の決め手の1つに「立地」があります。では、良い立地の決め方は、どうすればいいのか? この疑問に開業支援を手掛ける医療コンサルタント 田中利樹氏が回答します。

最終更新:2017/12/27

見逃せない僧帽弁閉鎖不全と心不全の合併

僧帽弁閉鎖不全症(MR)は多くの医師が診る疾患であり、高齢化と共に近年増加の一途をたどる。阿古潤哉氏を司会に、構造的心疾患スペシャリスト金子英弘氏を招き、僧帽弁閉鎖不全症の現状と課題を紹介する。

最終更新:2017/12/25

補助人工心臓(LVAD)の外来管理

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。今回はLVADの外来管理について紹介する。

最終更新:2017/12/21

補助人工心臓(LVAD)のICU管理

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。今回はLVADのICU管理について紹介する。

最終更新:2017/12/14

研究留学後、臨床医として残るには…米国臨床留学記

研究留学で渡米後、現地で臨床医としてやっていくために知っておきたいことがいくつかあります。臨床留学中の循環器医・河田 宏氏の現地レポート。

最終更新:2017/12/04

心不全、LVADの患者セレクション

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。今回はLVADについて紹介する。

最終更新:2017/11/30

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら