患者に不信感を募らせる対応の共通点

患者に不信感を募らせる対応の共通点のイメージ

全国の患者から延べ5万件以上の相談を受けてきた山口氏が見いだした、不満を持つ患者の気持ちを収めるか、不信へ発展させるかを二分する、医療者の患者対応の共通点とは?

最終更新:2017/04/27

めまいの良性/悪性を鑑別する方法…Dr.福武が解説

めまいの良性/悪性を鑑別する方法…Dr.福武が解説のイメージ

今回のテーマは「良性/悪性の鑑別方法」。回答者は当該領域のスペシャリスト、亀田総合病院神経内科部長の福武 敏夫氏です。

最終更新:2017/04/27

MitraClip、次なるターゲットは三尖弁閉鎖不全症

MitraClip、次なるターゲットは三尖弁閉鎖不全症のイメージ

僧帽弁治療だけでなく、三尖弁閉鎖不全の新治療デバイスとして注目されるMitraClip。すでに同治療が実施されているドイツから、金子氏が最新の臨床研究と手技にまつわる課題を解説。

最終更新:2017/04/26

iFRの臨床的有用性を検証したDEFINE-FLAIR study

iFRの臨床的有用性を検証したDEFINE-FLAIR studyのイメージ

FFR Club Japanの協力のもと、適切なPCIの推進に重要な役割を担う冠血流予備量比(Fractional Flow Reserve:FFR)に関する最新論文を紹介していく。

最終更新:2017/04/24

進化する家族性心疾患の治療…Cardiologistへの道@Stanford

進化する家族性心疾患の治療…Cardiologistへの道@Stanfordのイメージ

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。

最終更新:2017/04/20

森 豊先生に聞く!SGLT2阻害薬のキホン

2014年の登場以来、7製剤が発売されているSGLT2阻害薬。製剤毎の特徴と効果的な使い方とは?また、安全に使用するために確認すべき臨床所見について解説します。

最終更新:2017/04/17

低用量NOACで有用性が上がったか?

低用量NOACとワルファリンはどちらが良いのか?NOAC3剤とワルファリンの比較が報告されました。

最終更新:2017/04/14

(再掲)リバロ処方が査定された事例

脂質異常症の患者にリバロを処方したところ医学的に不適応で査定された事例です。請求上、機械的に査定される事例について解説します。

最終更新:2017/04/11

Dr.宮本のママもナットク!小児科コモンプラクティス

“小児診療あるある”への正しい対処と落ちつかせる説明

最終更新:2017/04/07

Dr.たけしの本当にスゴい症候診断3

あなたの外来が変わる! 主要20症候への“根拠あるアプローチ” Dr.たけし流 新世代診断学 集大成

最終更新:2017/04/07

FOURIER試験など、ACC.17の重要トピック…Cardiologistへの道@Stanford

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。

最終更新:2017/04/06

今さら聞けないSGLT2阻害薬の作用

エンパグリフロジンの心血管イベント抑制効果が報告され、ますます注目を集めるSGLT2阻害薬。血糖降下作用だけでなく、体重減少や利尿をもたらす理由を説明できますか?

最終更新:2017/04/05

シンプルな使い分け 抗凝固薬

EHJで、Lip先生の抗凝固薬に関するわかりやすいアルゴリズムが提唱されました。このコンテンツでは、小田倉先生がさらにシンプル化しました。

最終更新:2017/03/30

心房細動は発作性のほうが脳卒中が少ない

これまで「発作性も持続性もイベント発生率に差がない」というドグマが定説化していた。しかし最近では、発作性心房細動のほうが脳卒中が少ないという報告が増えている。

最終更新:2017/03/27

点滴に1日数百万!?異常な米国の拝金主義…循環器内科 米国臨床留学記

「アストン・マーチンを自転車価格で売るような会社があれば、買収してトヨタの値段をつける」。そんなビジネス手法が、医療現場を脅かす米国の実態をレポート。

最終更新:2017/03/22

肥満サイクルからの脱出に向けて

中性脂肪を減らすためには、体を動かすことが大事ですが、なかなかできず肥満サイクルに陥ってしまいます。こうした患者さんへの指導法を坂根直樹氏が解説します。

最終更新:2017/03/20

循環器内科医ががん患者を診る!?…Cardiologistへの道@Stanford

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。

最終更新:2017/03/16

「あぶら」の違いを漢字から解説

「油」と「脂」の違いについて、わかりやすく患者さんに説明することで、自分の体の脂肪にも関心を持ってもらいます。解説は坂根直樹氏です。

最終更新:2017/03/13

日本のどこよりも早く循環器最新医療を

地域医療における大学医局の役割とは?都会では想像できない厳しい医療事情のなかで、岩手医科大学循環器内科はどのように取り組んでいるのか。森野 禎浩氏に聞いた。

最終更新:2017/03/13

PPIで予防可能か?ワルファリン服用中の出血

PPIはNSAIDsや抗血小板薬服用者の上部消化管出血リスクを抑える。ワルファリン服用者ではどうか?

最終更新:2017/03/10

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら