周術期抗凝固療法のエキスパートコンセンサス

周術期抗凝固療法のエキスパートコンセンサスのイメージ

周術期の抗凝固療法に関するエキスパートコンセンサスが発表されました。かなり詳しくシェーマも充実。ヘパリンブリッジは超限定的です。

最終更新:2017/06/20

書籍紹介『高山病と関連疾患の診療ガイドライン』

書籍紹介『高山病と関連疾患の診療ガイドライン』のイメージ

長年待ち望まれた“日本独自の高山病診療ガイドライン”がついに完成。高山病や関連疾患の予防や傷病者の治療に役立つ1冊。

最終更新:2017/06/20

心房細動のドライバーを止める…肺静脈隔離術

心房細動のドライバーを止める…肺静脈隔離術のイメージ

一般診療でも頻回に遭遇する心房細動。その治療は近年大きく進歩している。今回の対談では、一般診療で覚えておきたい心房細動の基礎を押さえつつ、最新情報を紹介する。

最終更新:2017/06/07

認定内科医試験対策 特別セット BINGO+ベーシック <7巻セット>

認定内科医試験対策 特別セット BINGO+ベーシック <7巻セット>のイメージ

単品購入よりお得な全7巻セット

最終更新:2017/06/07

長門流 認定内科医試験BINGO! 総合内科専門医試験エッセンシャル Vol.3

頻出ポイントに絞ったオリジナル演習問題で学ぶ

最終更新:2017/06/07

カリフォルニアの医療通訳事情…米国臨床留学記

多人種が暮らす米国では、医療現場でも「言葉の壁」は問題になりがち。その対応策は、2020年のオリンピック開催を控えた日本にとっても参考になります。

最終更新:2017/05/31

中等度ASの治療指針の新たな手掛かり

自然経過が不明で治療指針が確立されていない中等度AS。今後の適応を考えるうえで重要になる、左室機能低下を合併した症例の予後に関係する研究結果が発表された。

最終更新:2017/05/30

かかりつけ医はめまいをどこまで診るべき?…Dr.福武が解説

今回のテーマは「かかりつけ医が診るべきめまい」。 回答者は当該領域のスペシャリスト、亀田総合病院神経内科部長の福武 敏夫氏です。

最終更新:2017/05/18

Xa阻害薬の中和薬Andexanet alfaの臨床効果

Andexanet alfaはリバーロキサバンの他、アピキサバン、エドキサバンも対象となります。

最終更新:2017/05/15

NOAC管理13の指針 急性期および周術期

AHAから各種急性期ケアおよび周術期におけるNOACに関するステートメントがでました。

最終更新:2017/05/12

米国の高血圧治療はどうなっている?…Cardiologistへの道@Stanford

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。

最終更新:2017/05/09

Dr.水野のうたう♪心音レクチャー

聴くだけじゃ身につかない。うたうんだ!

最終更新:2017/05/07

書籍紹介『僧帽弁閉鎖不全症治療のカッティングエッジ』

MR治療として欧米で広く普及し、全世界で3万例を超えたMitraClipの国内導入を前にドイツで同治療法を実践する著者が、MR治療の現状から可能性を語ります。

最終更新:2017/05/03

合理主義・米国の電子カルテ事情…循環器内科 米国臨床留学記

米国的合理主義の一端は、電子カルテにも表れているようです。システムを使うのか、それとも使われているのか…。循環器専門医・河田 宏氏の臨床留学レポート。

最終更新:2017/05/02

眼病変から発見される場合が多い難病

サルコイドーシスは、多彩な症状を示すことから、診療が複数の診療科にまたがる希少疾病です。2015年にはわが国の診断の手引きなどが改訂されました。こうした最新の知見を猪俣 稔氏が解説します。

最終更新:2017/05/02

患者に不信感を募らせる対応の共通点

全国の患者から延べ5万件以上の相談を受けてきた山口氏が見いだした、不満を持つ患者の気持ちを収めるか、不信へ発展させるかを二分する、医療者の患者対応の共通点とは?

最終更新:2017/04/27

MitraClip、次なるターゲットは三尖弁閉鎖不全症

僧帽弁治療だけでなく、三尖弁閉鎖不全の新治療デバイスとして注目されるMitraClip。すでに同治療が実施されているドイツから、金子氏が最新の臨床研究と手技にまつわる課題を解説。

最終更新:2017/04/26

iFRの臨床的有用性を検証したDEFINE-FLAIR study

FFR Club Japanの協力のもと、適切なPCIの推進に重要な役割を担う冠血流予備量比(Fractional Flow Reserve:FFR)に関する最新論文を紹介していく。

最終更新:2017/04/24

進化する家族性心疾患の治療…Cardiologistへの道@Stanford

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。

最終更新:2017/04/20

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら