内臓脂肪がつきやすい人の食の3特徴

内臓脂肪がつきやすい人の食の3特徴のイメージ

内臓脂肪がつきやすい人の食生活には、一定のパターンがあります。たとえば、風呂上がりに食べる1本のアイス。その他の特徴について坂根直樹 氏が解説します。

最終更新:2017/08/16

危険なプラークの意外な落とし穴

危険なプラークの意外な落とし穴のイメージ

動脈硬化は多くの医師に関連する疾患だが、高リスク症例でも十分なイベント予防がなされていない。冠動脈イメージングのスペシャリスト上野高史氏を招き、動脈硬化病変の実像とともに、適正な治療への指針を聞いた。

最終更新:2017/08/15

長門流 総合内科専門医試験MUST!<全3巻セット>

長門流 総合内科専門医試験MUST!<全3巻セット>のイメージ

単巻購入よりお得な全3巻セット

最終更新:2017/08/07

総合内科専門医試験対策 特別セット MUST+BINGO<6巻セット>

総合内科専門医試験対策 特別セット MUST+BINGO<6巻セット>のイメージ

単巻購入よりお得な全6巻セット

最終更新:2017/08/07

総合内科専門医試験対策 特別セット MUST+BINGO+ベーシック <10巻セット>

総合内科専門医試験対策 特別セット MUST+BINGO+ベーシック <10巻セット>のイメージ

単巻購入よりお得な全10巻セット

最終更新:2017/08/07

長門流 総合内科専門医試験MUST! Vol.3

出題傾向を徹底分析した最新の予想問題で学ぶ

最終更新:2017/08/07

General Cardiologyのローテーション2年が終わって

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。

最終更新:2017/08/03

実臨床におけるWATCHMAN1,000例超の結果が明らかに

非弁膜症性心房細動における心原性脳塞栓症予防として、日本でも近い将来導入が期待されているWATCHMAN。13ヵ国47施設1,025例を対象とした試験の1年フォロー結果が発表された。

最終更新:2017/07/31

手軽な食材の飽和脂肪酸に要注意

ハム、ソーセージなどの加工肉は手軽な食材として頻用されていますが、その中にはドンッと飽和脂肪酸も含まれます。なぜ、摂りすぎはいけないのか、坂根直樹氏が解説します。

最終更新:2017/07/31

今さら聞けないα-GI薬の作用

食後高血糖の改善に使用されるα-グルコシダーゼ阻害薬。製剤ごとの特徴に加えて、糖尿病発症抑制だけでなく、心血管リスクの低下も示した臨床試験結果も復習しておきましょう。

最終更新:2017/07/28

これだけ押さえれば、心房細動アブレーションがわかる

一般診療でも頻回に遭遇する心房細動。その治療は近年大きく進歩している。今回の対談では、一般診療で覚えておきたい心房細動の最新情報を紹介する。

最終更新:2017/07/14

最近のジャーナルクラブより 急性期のFFRガイドPCIは有効か?

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。

最終更新:2017/07/12

繰り返す鼻血を訴える患者さんを診たら

遺伝性出血性毛細血管拡張症は、別名「オスラー病」といい、体のさまざまな部位に血管奇形が形成される遺伝性疾患です。本症の最新知見について小宮山 雅樹氏が解説します。

最終更新:2017/07/11

救急エコー最速RUSH!

わずか2分でショックの鑑別 使える最速エコーテクを最短で身につけろ!

最終更新:2017/07/07

借金まみれのフェローたち…米国臨床留学記

医学部の学費が高いのは万国共通。その中でも、米国の医学生やフェローが抱える借金事情には驚愕です。臨床留学中の循環器医・河田 宏氏の現地レポート。

最終更新:2017/07/03

虚血性心疾患のAUC改訂、そのポイント

FFR Club Japanの協力のもと、適切なPCIの推進に重要な役割を担う冠血流予備量比(Fractional Flow Reserve:FFR)に関する最新論文を紹介していく。

最終更新:2017/06/29

直前チェック!認定内科医試験2017の頻出ポイント総ざらい

今週末に迫った認定内科医資格認定試験。知識のヌケモレはありませんか? 試験対策のエキスパートによる長年の分析で見えてきた「頻出ポイント」を最後に確認しておきませんか。

最終更新:2017/06/27

Valve-in-Valve TAVIの成績が明らかに

新治療として期待される、Valve-in-Valve TAVIのレジストリ研究結果が発表され、明確なラーニングカーブの存在が明らかに。予後に寄与するほかの因子とは?

最終更新:2017/06/27

2,400万人が保険失う!? トランプ政権が招く医への不安

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。

最終更新:2017/06/26

周術期抗凝固療法のエキスパートコンセンサス

周術期の抗凝固療法に関するエキスパートコンセンサスが発表されました。かなり詳しくシェーマも充実。ヘパリンブリッジは超限定的です。

最終更新:2017/06/20

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら