ST低下という先入観…Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

ST低下という先入観…Dr.ヒロのドキドキ心電図マスターのイメージ

ST低下を認める症例を目の前に、心電図から何を読みとるか…。先入観は心電図の読み落としに起因すると語るDr.ヒロが“心電図が大切なものをすべて見せている”症例を紹介します。

最終更新:2019/01/07

冬の心筋梗塞で知っておくべきリスク

冬の心筋梗塞で知っておくべきリスクのイメージ

今回の「救急診療の基礎知識」は、特別編として「冬の心筋梗塞」です。どんな方が心筋梗塞を起こしやすいのか、診療のポイントは何かを坂本壮氏がコンパクトに説明します。

最終更新:2018/12/28

確定診断名を書いたら査定された!…レセプト査定の回避術

確定診断名を書いたら査定された!…レセプト査定の回避術のイメージ

今回は、臨床検査、処方の請求における注意点を学習します。確定診断名で検査をすると査定となるケースもあるようです。解説は、櫻井雅彦氏(三井記念病院医師支援部)。

最終更新:2018/12/24

学会にあって、論文にないもの…Dr.中川の論文・見聞・いい気分

学会にあって、論文にないもの…Dr.中川の論文・見聞・いい気分のイメージ

論文をいつでもどこでも読めるようになったこの時代、学会発表の価値は変わっていくのでしょうか? 学会を最大限に楽しみ、活きた情報を手に入れる方法を、鮨屋と寿司屋の違いに絡めて考察します。

最終更新:2018/12/19

QRS電気軸の攻略法(応用編)…Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

QRS電気軸の攻略法(応用編)…Dr.ヒロのドキドキ心電図マスターのイメージ

入門編で培った解決法をもとに、今回はQRS電気軸の角度について求めます。Dr.ヒロが“トントン法”と名付けた方法を使えば、普段何気なくみている心電図で活用したくなること間違いなしです!

最終更新:2018/12/17

胸腔鏡下stapler-and-loop techniqueの成績は?

胸腔鏡下stapler-and-loop techniqueは、NVAF患者の左心耳を迅速・安全・完全に閉塞しました。小田倉弘典氏が解説。

最終更新:2018/12/11

フレイルを改善させる運動指導、栄養指導…診療よろず相談TV

高齢化に伴い、話題となることが多い「フレイル」。非専門医が実臨床で覚えておくべきポイントを6つに絞り、Q&A形式で解説する。回答者は国立長寿医療研究センター 荒井秀典氏。

最終更新:2018/12/06

QRS電気軸の攻略法(入門編)…Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

心電図学習において立ちはだかる大きな壁…それは、皆さんが一度は苦戦するQRS電気軸ではないでしょうか? 今回は第1回で登場した“心電図の読み型”を使った解決法をご紹介します。

最終更新:2018/12/03

クモ指などが特徴的な遺伝性疾患

マルファン症候群は、心血管系、眼系、骨格系にまたがる症状を呈する先天性結合組織疾患です。早期に介入すれば予後も良好な本疾患の最新知見を森崎裕子氏が解説します。

最終更新:2018/11/27

イライラする待ち時間を解消してもらうひと工夫

病院の待ち時間で患者さんにイライラされてしまうと、話が聞きにくい雰囲気になってしまいます。待っている間に考えることができ、食事指導にもつながる待合室用のクイズを、坂根直樹氏が紹介します。

最終更新:2018/11/26

テストステロン、ゲノムと男性医学

日本Men's Health医学会の協力のもと、第18回日本Men's Health医学会の演題を一部抜粋して紹介。今回は順天堂大学 堀江重郎氏による「男性医学2018」。

最終更新:2018/11/26

2アンプル増やして査定された事例…レセプト査定の回避術

今回は、日常よく処方される治療薬のレセプト請求時の落とし穴を学習します。病状詳記や病名、添付文書外など注意点を櫻井雅彦氏(三井記念病院医師支援部)が解説。

最終更新:2018/11/21

「人も論文も見た目が9割」は本当か

美女(イケメン)は性格(中身)も良いという不公平(?)な法則は、論文にも当てはまる? 査読者や編集者がチェックする、論文でいう見た目とはどこを指し、何が作成のポイントになるのでしょうか。

最終更新:2018/11/20

心房細動の心拍数はどう求める?…Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

「心房細動は絶対性不整脈なのに心拍数を求めるなんて…」というあなた、ちょっと待って!今回は心房細動の心拍数の表現法、心室応答についてレクチャーします。

最終更新:2018/11/19

心電図、正しくとれてる?(後編)…Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

自動診断の「側壁梗塞」に出くわした経験はありませんか?実はこれが1つの罠であることも…。前回に続き、電極つけ間違いミスを見つける方法と症例の確定診断に迫ります。

最終更新:2018/11/05

心電図、正しくとれてる?(前編)…Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

「この心電図、まさかつけ間違いなんじゃ…」。こんな光景に出くわしたことはありませんか?でも大丈夫、そんな時のチェックポイントと対処法をDr.ヒロが図表を交えてお伝えします。

最終更新:2018/10/22

検査値が気になる患者さんへ:クロール編(患者説明スライド)

「この値は何に注意すればいいの?」。こんな患者さんの問いもすぐに解消できる、獨協医科大学病院の志水太郎氏が監修する検査値スライド。今回はクロールです。

最終更新:2018/10/19

英語論文で最初に読むべきはAbstractよりも…?

論文を読みたくても「集中できない」「時間がない」という先生方、騙されたと思ってぜひお試しください。中川先生とっておきの、英語論文の読み方・読む順番を伝授いたします。

最終更新:2018/10/16

心房細動、心電図の3条件…Dr.ヒロのドキドキ心電図マスター

患者さんの訴えだけでは「動悸」と思われる症状も、心電図を見ると実は不整脈が潜んでいることも…。心電図を見るコツと臨床所見を織り交ぜたレクチャーで日々の疑問や不安を解決!

最終更新:2018/10/09

新たな薬剤・デバイスで変わる心不全治療~後編

増加する心不全にどう対応していくべきか。東京大学の取り組みを取り上げる。第4回は金子英弘氏への単独インタビュー。

最終更新:2018/10/01

Pages