100kmの山越え搬送やむなし 苛酷な岩手の医療事情

100kmの山越え搬送やむなし 苛酷な岩手の医療事情のイメージ

大学病院循環器内科の役割とは?都会では想像できない厳しい医療事情のなかで、岩手医科大学循環器内科はどのように取り組んでいるのか。森野 禎浩氏に聞いた。

最終更新:2017/02/23

1年間給与を貰えて休学できるシステムとは…Cardiologistへの道@Stanford

1年間給与を貰えて休学できるシステムとは…Cardiologistへの道@Stanfordのイメージ

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。

最終更新:2017/02/22

(再掲)過剰で査定された検査

(再掲)過剰で査定された検査のイメージ

間歇性跛行の主訴で脈波図4検査などを行ったところ、過剰として査定された事例です。指摘された問題点と対応法について解説します。

最終更新:2017/02/21

魚の効用で患者を引き付ける

魚の効用で患者を引き付けるのイメージ

中性脂肪を下げると期待されている「魚」。ただ食べるだけでなく、買いにいったり、料理を考えたりすることで別の効用もあるようです。坂根直樹氏が解説します。

最終更新:2017/02/20

NOAC、心臓ミトコンドリア…AHA2016を振り返る

NOAC、心臓ミトコンドリア…AHA2016を振り返るのイメージ

米国の医学部に入学し、スタンフォード大学 循環器内科フェローとなった川名正隆氏が米国循環器専門医への道を語るビデオレター。

最終更新:2017/02/15

コレステロールがつくられる場所は?

コレステロールがつくられる臓器、時間を患者さんに説明することで、日々の健康に注意してもらうことができるかもしれません。詳しい説明内容について、坂根直樹氏が解説します。

最終更新:2017/02/13

Dr.林の笑劇的救急問答12<下巻>

今回は創傷処置で行こう-そうしよう! 甘くないぞ~高血糖救急 

最終更新:2017/02/07

書籍紹介『心電図のはじめかた』

心電図の基礎中の基礎のところで壁にぶつかっている人たちに向け、丁寧かつ楽しい解説で、心電図の波を理解できるようになる1冊が登場。

最終更新:2017/02/06

コレステロールの働きを簡単に説明する

患者さんへ、コレステロールの働きや中性脂肪との違いなどの説明が簡単にできるよう、坂根直樹氏が解説します。診療で何気なく使っている言葉、じつは患者さんには難解かもしれません。

最終更新:2017/02/06

トランプ大統領の影響、医療現場の混乱…循環器内科 米国臨床留学記

「自由の国、移民の国アメリカがこのようなことになり、本当に残念」。カリフォルニア大学アーバイン校に臨床留学中の河田 宏氏が、トランプ政権交代直後の今をレポート。

最終更新:2017/02/03

納豆は心血管系疾患の死亡リスクを減少?…Dr.倉原の“おどろき”医学論文

“医学的にも興味深く何だかちょっと不思議な”医学論文を紹介します。第84回は、「納豆は心血管系疾患の死亡リスクを減少?」。

最終更新:2017/02/03

今さら聞けないDPP-4阻害薬の作用

糖尿病治療薬のなかで最もよく使用されているDPP-4阻害薬。良い適応となる患者像、各製剤の特徴、副作用の機序について説明できますか?

最終更新:2017/01/31

中性脂肪の働きを簡単に説明する

中性脂肪の働きってなんですか?という患者さんが持つ疑問に回答します。コレステロールとどう違うのか、健康上の注意点なども含めてコンパクトに説明。解説は、坂根直樹氏。

最終更新:2017/01/30

新デバイスはSAPIEN3に匹敵する成績を示せるか?

CoreValveの次世代型Evolut-RとTAVI標準デバイスSAPIEN3を比較した試験の結果について、各デバイスの特徴や臨床での経験と併せて解説します。

最終更新:2017/01/30

フェローシップ選考、費用や面接について…循環器内科 米国臨床留学記

日本の循環器専門医の資格を持ちながら米国の循環器フェローに挑戦するカリフォルニア大学アーバイン校の河田 宏氏が、米国臨床留学の現状を紹介する。

最終更新:2017/01/27

肝移植の次は遺伝子治療で根治なるか

FAPは、神経症状だけでなく、消化器、循環器、眼、腎臓など多臓器にわたる症状を起こす難病です。肝移植治療のほか、治療薬も使えるようになりました。植田光晴氏が最新知見を解説。

最終更新:2017/01/24

名画『モナ・リザ』に描かれた病気

名画『モナ・リザ』を題材に、患者さんが脂質異常症へ興味がわくような問診の導入を説明します。身近な題材をうまく使った疾患解説、坂根直樹氏にレクチャーいただきます。

最終更新:2017/01/16

欧州ガイドライン:心房細動

欧州心臓病学会から発表された心房細動ガイドラインを解説します。

最終更新:2017/01/16

内科系フェローシップ選考の実際…循環器内科 米国臨床留学記

日本の循環器専門医の資格を持ちながら米国の循環器フェローに挑戦するカリフォルニア大学アーバイン校の河田 宏氏が、米国臨床留学の現状を紹介する。

最終更新:2017/01/04

下肢虚血治療およびEVTの今後は?

世界的に増加している下肢動脈閉塞PAD。血管内治療は今後どう進化していくのか?

最終更新:2016/12/28

ページ

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら