「食品の選び方」「食べる順番」が2型糖尿病リスクに影響

提供元:
HealthDay News

「食品の選び方」「食べる順番」が2型糖尿病リスクに影響のイメージ

 「食品の選び方」と「食べる順番」が2型糖尿病の発症リスクに影響することを示した3件の研究結果が、米国栄養学会(ASN、6月8~11日、米ボルチモア)で発表された。これらの研究では、植物性食品を中心とした食事に改善したり、ビタミンB2やビタミンB6を多く摂取したりすると2型糖尿病リスクが低減したほか、「食べる順番」も同リスクに影響する可能性が示された。野菜を最初に食べると、食後血糖値の上昇だけでなく、食欲増進ホルモンの分泌も抑えられることが分かったという。

 一つ目の研究は、前向きコホート研究であるCARDIA(Coronary Artery Risk Development in Young Adults)研究に参加した男女2,717人(平均年齢25歳、約40%が黒人、約60%が女性)を対象としたもの。参加者を30年にわたり追跡した結果、成人早期から中年期にかけて食事の質に改善がみられた人では、食事の質がわずかに低下した人と比べて糖尿病リスクが60%低いことが示された。

 研究を率いた米ミネソタ大学ツインシティー校のYuni Choi氏によれば、「質の高い食事」とは栄養分に富んだ、植物性食品が中心の食事だという。今回の研究の対象者で最も質の高い食事を摂取していた人では、毎日野菜を4サービング以上、果物を2サービング、ナッツまたは種子類を2分の1~1サービング、全粒穀物を約2サービング摂取していた一方、加工肉の摂取量は1サービング未満、赤肉の摂取量は約1サービングだった。同氏らは「植物性食品に含まれる多様な栄養素が糖尿病予防に役立つと考えられる」と述べている。

 二つ目の研究は、3件の大規模観察研究に参加した計20万人の医療従事者から得られた食事に関するデータを15年間にわたって追跡したもの。この研究では、ビタミンB2とビタミンB6の摂取量が最も多い人では、最も少なかった人に比べて2型糖尿病リスクが約10%低いことが分かった。一方、ビタミンB12については、全体的な摂取量は2型糖尿病リスクの上昇とは関連しなかったが、食事からの摂取量が多いと同リスクは11%上昇した。ただし、サプリメントからの摂取量との関連は認められなかったという。

 また、最後の研究では、中国人の成人16人(ほとんどが男性)を対象に、一定量の野菜、肉、米が含まれた食事を、あらかじめ決められた5パターンの順番のいずれかで摂取してもらい、食後血糖値への影響を比較した。その結果、野菜または肉を最初に食べると食後血糖値の急上昇が抑えられることが分かった。特に、「野菜、肉、米」の順番で別々に食べると食後血糖値の急上昇が最も抑えられ、食欲増進ホルモンにも好ましい影響が認められたという。

 この研究を実施したグループの一人でシンガポール臨床科学研究所(SICS)所長のChristiani Henry氏は「野菜に含まれる食物繊維や他の栄養素により、食べ物の消化にかかる時間が長くなり、食後血糖値の急上昇が緩やかになる可能性がある」と説明。米を食べるときには、血糖値の上昇を抑えるために最初に野菜を食べるようにすることが「シンプルで実践的な方法」になるのではないかとしている。

 専門家の一人で、米ニューヨーク・プレスビテリアン/ワイルコーネル医療センターの内分泌科医であるRekha Kumar氏は、これらの報告を受けて、「果物や野菜、自然なままの食品を中心とした食事は、2型糖尿病を管理する上で極めて実践的で取り入れやすい方法だ」とした上で、「毎食必ず一皿の半分を植物性の食品が占めるようにするべきだ」と助言している。また、食べる順番については、「野菜や食物繊維が豊富な食品、タンパク質は消化に長い時間がかかるため、血糖値の上昇が緩やかになる。理論的には、食べる順番を変えることは体重や食欲のコントロールに影響すると考えられる」としている。

 なお、学会発表された研究は通常、査読を受けて医学誌に掲載されるまでは予備的なものとみなされる。

[2019年6月8日/HealthDayNews]Copyright (c) 2019 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ