テニス肘の保存的治療の効果はどれも限定的?

提供元:
HealthDay News

テニス肘の保存的治療の効果はどれも限定的?のイメージ

 テニス肘(上腕骨外側上顆炎)には、ステロイドの局所注射や理学療法など手術以外のさまざまな保存的治療法がある。しかし、これらの効果はいずれも限定的で、プラセボの効果を大きく上回るものはない可能性があることが、米ハーバード大学医学大学院のAmin Mohamadi氏らによる研究で明らかになった。詳細は「American Journal of Sports Medicine」10月31日オンライン版に掲載された。

 米国でテニス肘と診断される患者は年間約20万人に上る。テニス肘は上腕の腱に過度の負荷がかかることで炎症が生じる病態だが、テニスなどのラケットを使ったスポーツをする人だけでなく、仕事などで手や手首を日常的に使う人は誰もが発症する可能性があるとされる。その治療には、手術以外にもステロイドの局所注射や理学療法、鍼治療、消炎鎮痛薬、ボツリヌス毒素の注射、超音波やレーザー治療など多くの保存的治療がある。

 Mohamadi氏らは今回、計2,746人の成人男女が参加した36件のプラセボ対照ランダム化比較試験(RCT)を対象に、メタ解析を実施した。これらのRCTでは手術を除いた11種類の治療法の有効性が検証されていた。

 治療開始から4週後、5週後から26週後、26週後以降における各種治療の疼痛と握力に対する有効性を検証した。その結果、4週間以内の短期間では、ステロイドの局所注射だけがプラセボを上回る効果がわずかに認められたが、その後はプラセボとの有効性の差は消失していた。

 また、5週後から26週後の期間では、レーザー治療またはボツリヌス毒素の注射を受けた患者では、他の治療と比べてわずかだが統計学的に有意な疼痛の軽減が認められた。さらに、26週以降では、体外衝撃波治療を受けた患者でのみ他の治療法と比べて長期的なベネフィットが得られた。

 そのほか、握力の改善でプラセボよりも優れていたのはレーザー治療のみだった。また、プラセボを使用した患者と比べて実際の治療を受けた患者では副作用の発現頻度が高いことも分かった。一方、26週後以降にはプラセボを使用した患者の99%で疼痛はほとんど、あるいは完全に消失していた。

 では、肘を故障したらどう対処すべきなのか?
 Mohamadi氏らは「鎮痛薬は個々の患者の状態に応じて処方してもよいが、その使用期間は4週間以内にとどめておくべきだ」と助言する。また、同氏は「われわれの研究では、ほとんどの患者でテニス肘に伴う痛みの多くは自然に軽快することが示唆された。この結果に基づけば、全般的には経過観察が推奨される」と話している。

 専門家の一人で米レノックス・ヒル病院のSteven Beldner氏も、ほとんどの患者でテニス肘は自然に治るとするMohamadi氏らの考えに同意しているが、「テニス肘の患者は全て治癒するわけではなく、5%は最終的に手術を要する」と説明している。

[2018年11月8日/HealthDayNews]Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ