第8回 肝硬変で同時施行の検査が査定/脳性Na利尿ペプチド検査の回数制限/アムロジンの添付文書外処方で査定/筋筋膜性腰痛症の治療で査定【レセプト査定の回避術 】

  • 公開日:2019/04/01
企画・制作ケアネット
今回は、肝硬変、心不全での検査でありがちな請求上の失敗、高血圧や筋筋膜性腰痛症治療でのケアレスミスで査定された事例を紹介します。解説は、櫻井雅彦氏(三井記念病院医師支援部)。

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)
本コンテンツに関する下記情報は掲載当時のものです。
[データ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなど]

会員の方へ