赤羽根弁護士の「薬剤師的に気になった法律問題」

企画・制作ケアネット
赤羽根弁護士の「薬剤師的に気になった法律問題」

薬局薬剤師から弁護士へ転身した赤羽根秀宜先生が、実務経験を持つ弁護士の視点で、薬局・薬剤師に関わる法律問題、世の中で話題になっている薬に関する出来事などをわかりやすく解説します。

赤羽根 秀宜 ( あかばね ひでのり ) 氏弁護士・薬剤師

[略歴]

1997年帝京大学薬学部卒業、同年薬剤師免許取得。薬局に薬剤師として勤務した後、2005年に東海大学法科大学院入学、08年卒業。同年司法試験合格。09年司法修習終了、弁護士登録(第二東京弁護士会)。中外合同法律事務所所属。弁護士としてさまざまな民事訴訟を手がける傍ら、薬局関係者を対象とした講演、執筆を行っている。

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)
本コンテンツに関する下記情報は掲載当時のものです。
[データ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなど]

会員の方へ