市中肺炎 治療成否の予測因子

提供元:
ケアネット

市中肺炎 治療成否の予測因子のイメージ

 市中肺炎治療の成否を決める簡便な臨床的予測因子は早期では「胸水の貯留」、晩期では「多葉性の肺炎」であることをスペイン・Parc Tauli大学研究所のIgnacio Martin-Loeches氏らが報告した。また、IL-6と治療不成功、IL-6およびPCTと晩期の治療不成功に相関関係が認められたことにも言及している。Respiratory Research誌オンライン版2014年7月5日号の掲載報告。

 市中肺炎の治療失敗は高い死亡率と関連することから、その臨床的管理は重要な問題である。そこで市中肺炎患者を対象に、無作為化臨床試験による症例対照研究を行った(治療成功群vs治療不成功群、晩期・早期を区別)。CRP、プロカルシトニン(PCT)、インターロイキン(IL)-1,6,8,10、TNFを測定し、治療の成否は入院初日と3日目で判定した。

 主な結果は以下のとおり。

・253例の市中肺炎患者のうち、治療不成功例は83例であり、そのうち40例(48.2%)は早期の不成功であった。晩期の治療不成功群は、高いCURB-65スコアで弁別可能であった(p=0.004)。
・早期の治療不成功群は、治療成功群と比べ、入院初日のCRP、PCT、IL-6、IL-8が有意に高く(それぞれ、p<0.001、p=0.004、p<0.001、p=0.02)、IL-1は低い傾向が認められた(p=0.06)。
・晩期の治療不成功群は、治療成功群と比べ、入院3日目のCRP、PCT、IL-6が有意に高かった(それぞれ、p<0.001、p=0.007、p<0.001)。
・早期の治療不成功の独立した予測因子は、入院初日のIL-6の高値(オッズ比:1.78、95%Cl:1.2~2.6)と胸水の貯留(オッズ比:2.25、95%Cl:1.0~5.3)であった。
・晩期の治療不成功の独立した予測因子は、入院3日目のPCTの高値(オッズ比:1.60、95%Cl:1.0~2.5)、CURB-65 score ≧3(オッズ比:1.43、95%Cl:1.0~2.0)、多葉性の肺炎(オッズ比:4.50、95%Cl:2.1~9.9)であった。

(ケアネット 鎌滝 真次)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ