既治療の進行肝細胞がん、cabozantinibがOS、PFSを延長/NEJM

提供元:
ケアネット

既治療の進行肝細胞がん、cabozantinibがOS、PFSを延長/NEJMのイメージ

 ソラフェニブ既治療の進行肝細胞がんの患者において、cabozantinibによる治療はプラセボと比べて、全生存期間および無増悪生存期間の延長が認められたことが、米国・Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのGha… [続きを読む]

(ケアネット)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)