CABGのグラフト、橈骨動脈が伏在静脈に優る/NEJM

提供元:
ケアネット

CABGのグラフト、橈骨動脈が伏在静脈に優る/NEJMのイメージ

 5年間のフォローアップにおいて、橈骨動脈グラフトを用いた冠動脈バイパス術(CABG)は伏在静脈グラフトを用いたCABGに比べ、主要有害心血管イベントのリスクが有意に低く、周術期のグラフト開存性が有意に良好で… [続きを読む]

(医療ジャーナリスト 當麻 あづさ)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら