ICD10に基づくフレイル評価、予後不良を予測/Lancet

提供元:
ケアネット

ICD10に基づくフレイル評価、予後不良を予測/Lancetのイメージ

 高齢の入院患者フレイルをスクリーニングし、予後不良のリスクが高い患者群を同定できる評価スコア「Hospital Frailty Risk Score:HFRS」が、フランス・Lyon Teaching HospitalのThomas Gilbert氏らによって開発… [続きを読む]

(ケアネット)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら