卵円孔開存の存在で周術期の脳梗塞リスク上昇/JAMA

提供元:
ケアネット

卵円孔開存の存在で周術期の脳梗塞リスク上昇/JAMAのイメージ

 非心臓手術を受ける成人患者において、術前に卵円孔開存(PFO)の診断を受けた患者は受けなかった患者と比べて、術後30日間の周術期虚血性脳卒中リスクが有意に高いことが示された。米国・マサチューセッツ総合病… [続きを読む]

(医療ジャーナリスト 當麻 あづさ)

原著論文はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら