クロストリジウム感染症の再発予防の糞便移植、経口カプセルでも/JAMA

提供元:
ケアネット

クロストリジウム感染症の再発予防の糞便移植、経口カプセルでも/JAMAのイメージ

 再発性クロストリジウム・ディフィシル感染症(RCDI)に対する糞便微生物移植(FMT)の経口カプセルによる実施は、大腸内視鏡で行うFMTに対して再発予防効果は非劣性であることが示された。また、経口カプセルFMT… [続きを読む]

(医療ジャーナリスト 當麻 あづさ)

原著論文はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら