日本腎臓学会と日本糖尿病学会が専門医間の紹介基準を公表

提供元:
HealthDay News

日本腎臓学会と日本糖尿病学会が専門医間の紹介基準を公表のイメージ

 日本腎臓学会と日本糖尿病学会はこのほど、専門医間の紹介基準を作成し、それぞれの学会ホームページで公表した。両学会は2018年2月に、かかりつけ医から専門医、専門医療機関への紹介基準を発表している。両学会は合同で「STOP-CKD宣言」を採択し、同基準を活用して専門医間の連携を密にすることで、糖尿病性腎臓病への対策を強化していくとしている。

 腎臓専門医から糖尿病専門医への紹介基準は、「糖尿病治療の大幅な変更等が望まれる場合」と「糖尿病専門医による糖尿病の継続管理が望ましいと考えられる場合」に大きく分けて記している。前者では、(1)血糖コントロール不良が一定期間持続する場合(HbA1c 8.0%以上、高齢者ではHbA1c 8.5%以上が3カ月以上持続することが目安)、(2)糖尿病治療の見直しを要する場合(腎機能低下に伴う薬剤効果増強による低血糖を予防する場合など)、(3)糖尿病急性増悪の場合もしくは急性合併症-といった5項目が挙げられている。糖尿病専門医に紹介後は、診断結果に応じて併診あるいは腎臓専門医での治療を継続する。

 また、後者では、1型糖尿病や低血糖を頻回に繰り返すなど、内因性インスリン分泌が高度に枯渇している可能性がある場合とし、紹介後は両専門医による継続的な併診加療を含めて検討するとしている。

 一方、糖尿病専門医から腎臓専門医への紹介基準は、「腎臓専門医による腎疾患の鑑別を目的とした場合」と「腎臓専門医による継続管理を目的とした場合」に大別。前者では、糖尿病網膜症を伴わない0.5g/gCr以上の尿蛋白、顕性蛋白尿を伴わない腎機能低下、3カ月以内に推算糸球体濾過量(eGFR)が30%以上低下する急速な腎機能低下など5項目を挙げ、紹介後は、診断結果に応じて併診あるいは糖尿病専門医での治療を継続する。

 また、後者では、保存期腎不全(eGFR 30mL/分/1.73m2未満)、ネフローゼ症候群など6項目を挙げ、紹介後は腎臓専門医での継続管理あるいは糖尿病専門医との併診加療を含めて検討するとしている。

[2019年3月4日/HealthDayNews]Copyright (c) 2019 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)