外来受診時の食後高血糖はがん死亡の予測因子か-日本人2型糖尿病患者を対象に分析

提供元:
HealthDay News

外来受診時の食後高血糖はがん死亡の予測因子かのイメージ

 外来受診時の食後2時間血糖値による食後高血糖は、HbA1c値とは関係なく、2型糖尿病患者の全死亡およびがん死亡の予測因子である可能性があることが、朝日生命成人病研究所(東京都)の高尾淑子氏らの研究グループの検討で分かった。詳細は「Diabetes Research and Clinical Practice」2月号に掲載された。
 これまでの研究で、食後高血糖は全死亡率および心血管死亡率、CVDの発症率の上昇や糖尿病網膜症の進行と関連する可能… [続きを読む]

[2019年2月4日/HealthDayNews]Copyright (c) 2019 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)