高齢1型糖尿病患者は無自覚な低血糖に注意、1日1時間以上に及ぶ可能性も

提供元:
HealthDay News

 高齢の1型糖尿病患者は1日に1時間以上、気づかないうちに低血糖を経験している可能性があることが、米国際糖尿病センターのAnders Carlson氏らの検討で分かった。研究の詳細は、米国内分泌学会(ENDO 2019、3月23~26日、米ニューオーリンズ)で発表された。
 一般に、血糖値が70mg/dL以下になると低血糖症状が現れ、54mg/dLを下回ると重症低血糖とみなされる。米国立糖尿病・消化器病・腎臓病研究所(NIDDK)によれば、血糖…

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

[2019年3月29日/HealthDayNews]Copyright (c) 2019 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ