夜間の心理的ストレスには要注意?

提供元:
HealthDay News

夜間の心理的ストレスには要注意?のイメージ

 夜間の心理的ストレスは、午前中のストレスよりも身体により大きな負担となる可能性があることが、北海道大学大学院教育学研究院准教授の山仲勇二郎氏らの研究で明らかになった。健康な人を対象に、夜間に心理的なストレスの原因を与えたところ、ストレス反応の指標となる「コルチゾール」値が上昇する正常なストレス反応がみられないことが分かったという。研究の詳細は「Neuropsychopharmacology Reports」11月27日オンライン版に掲載された。

 山仲氏らによると、人間の身体には、心理的、身体的なストレス要因に適応する防御システムが備わっており、その代表が視床下部-脳下垂体-副腎皮質系(HPA axis系)であるという。HPA axis系は身体の中枢神経系と内分泌系をつなぐ役割を担っており、身体にストレスがかかるとHPA axis系が活性化されコルチゾールが分泌される。また、コルチゾールの値は脳内の概日時計によってもコントロールされており、朝方は高く、夜間に低いというリズムを示すことも知られている。

 今回の研究では、若い健康な男女27人を対象に、朝方または夜間に心理的なストレスの原因を与えた上で、唾液中のコルチゾールの値を測定して比較検討した。参加者にはまず、腕時計型の活動量計を装着してもらい、2週間規則正しく生活したことを確認した後に、ストレス負荷テストを起床から2時間後の午前中に受ける群と起床から10時間経過した夜間に受ける群に分けて比較した。

 ストレス負荷テストでは3人の面接官の前で、インタビューやスピーチ課題、暗算課題に計15分取り組んでもらった。ストレス負荷テストの30分前と終了直後、終了直後から30分後まで10分間隔で唾液を採取し、唾液中のコルチゾール値を測定した。

 その結果、午前中にストレス負荷テストを実施した群では、試験前に比べて試験後20分の時点でコルチゾール値が有意に上昇していた。一方、夜間にストレス負荷テストを実施した群では、試験前に比べて試験後にはコルチゾール値の有意な上昇はみられなかった。しかし、参加者の心拍数(ストレスに対する交感神経系の反応の指標)の変化には両群間で時刻差はみられず、ストレス負荷試験中には、いずれの時刻ともに有意に高いことも分かった。

 これらの結果を踏まえ、山仲氏は「朝方に受けた心理的ストレスに対しては、身体はHPA axis系と交感神経系の両方を活性化させてコルチゾールを分泌し、正常なストレス反応を示すことができる。一方、夜間は交感神経系だけが応答することが示唆された」と述べている。

 山仲氏は「今回の研究から、人間の身体は、夜間は心理的ストレス要因への防御機構が適応できない可能性が示唆された。ただ、それぞれの人に固有の体内時計を考慮した上で、1日の時間帯別のストレス反応を評価し、ストレス管理法やストレスを原因とした疾患の予防法を考えることが重要だ」と話している。

[2018年12月14日/HealthDayNews]Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)