高校の始業時間を遅らせると生徒の成績が向上、米シアトルで実験

提供元:
HealthDay News

高校の始業時間を遅らせると生徒の成績が向上、米シアトルで実験のイメージ

 米ワシントン州シアトルで、高校の始業時間を7時50分から8時45分に遅らせる実験を行ったところ、生徒の睡眠時間が増え、成績も向上したことが明らかになった。実験は、米ワシントン大学教授のHoracio de la Iglesia氏らが実施したもので、詳細は「Science Advances」12月12日号に掲載された。

 思春期の若者の多くは、1日当たりの睡眠時間が推奨される8~10時間を満たしていないのが現状だ。そこで、高校の始業時間を約1時間遅らせるという取り組みが、シアトルの高校18校で2016/2017年度に始まっている。その影響について調べるため、de la Iglesia氏らは、18校のうちルーズベルト高校とフランクリン高校の2校の2年生を対象に今回の研究を実施した。

 研究ではまず、始業時間を変更する前の2016年の春に、2校の2年生計92人に2週間にわたり、日中の活動時間と活動パターンを測定する装置を手首に装着してもらった。次に、始業時間を変更してから約7カ月後に、計88人に同じ装置を装着してもらった。

 その結果、始業時間を遅らせると、生徒の夜間の睡眠時間が中央値で34分延びただけでなく、平日と週末の起床時間の差が縮まったことが分かった。これは、平日の睡眠習慣が、思春期に必要とされる睡眠パターンに近づいたことを示しているという。また、生徒の日中の眠気が減り、成績が平均で4.5%向上したことも明らかになった。ただし、始業時間を変更した後も、生徒の就寝時間が遅くなるようなことはなかった。

 さらに、de la Iglesia氏によれば、低所得層の家庭の子どもが多く通う高校では、生徒の出席率が向上し、遅刻率が低下したという。この研究結果について、同氏は「生物学的にみれば予測通りの結果ではあったが、それでもうれしい驚きだった」と述べている。

 この実験に参加した高校の教師たちも、始業時間を遅らせることに賛成している。ルーズベルト高校の教師であるCynthia Jatul氏は「始業時間を変更した後は、午前中でも生徒たちの意識がはっきりとしていて、授業にも積極的に取り組むようになったと感じた。1時間目に居眠りをしている生徒もかなり減った」と振り返る。Jatul氏の同僚のTracy Landboe氏も「私の生徒たちも集中力やエネルギーが劇的に高まった」としている。

 その効果は学校生活以外にも及んでいた。Jatul氏の元には、子どもの気分が改善し、家族関係にも良い影響があったという声が、生徒の親から寄せられているという。

 この結果について、専門家の一人で米ブリガム・アンド・ウィメンズ病院の睡眠・概日リズム障害部門のMatthew Weaver氏は「睡眠を客観的にモニタリングして厳密に検討した結果、始業時間の変更に意義のある有益性が示された」と説明している。また、「学校の始業時間を遅らせると、子どもたちが必要な睡眠時間を確保しやすくなること、十分な睡眠を取れば成長や発達が促され、精神衛生や学習能力、記憶力が向上することには科学的根拠があるといえる」と述べている。

[2018年12月12日/HealthDayNews]Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)