大教室で座る席が学業成績に影響する?

提供元:
HealthDay News

大教室で座る席が学業成績に影響する?のイメージ

 米国の学校では新年度が始まったが、この秋に大学に入学した新入生たちは、これから大きな講堂で日々の大半を過ごすことになる。その際、どの席に座るかが最終的な成績を左右する可能性があることが、英シェフィールド・ハラム大学のDavid Smith氏らの研究で明らかになった。この研究結果は「FEBS Open Bio」8月21日オンライン版に発表された。

 Smith氏らは今回、生体医科学と生化学、生物学などの学科で学ぶ1年生154人および2年生151人と講師23人を対象に、質問票を用いた調査を行った。学生には質問票に記載された講堂の図面に、自分が座った席に印を付けてもらい、その座席を選んだ理由を記入してもらった。講師にはそれぞれの学生について学業の達成度を評価してもらった。

 その結果、127人の学生が「友人と一緒に座りたい」という理由で、また151人の学生が「講師が良く見える位置で話をはっきりと聞きたい」という理由で座席を選んでいた。また、「講義に積極的に参加したい」と回答した学生が9人いた一方で、「講師との関わりを避けたい」と回答した学生も同数いた。このほか、「いつでも離席できるよう隅の方の席に座りたい」と回答した学生が43人いた。

 さらに、友人同士で固まって座っている学生は、講義の内容に関する課題解決型のテストの点数が同程度であることが分かった。一方、隅の方の席に一人で座っている学生の点数は平均よりも低かった。

 ただし、この研究では座席と学業成績が関連することが示されたが、因果関係が証明されたわけではない。それでも、Smith氏は同誌のプレスリリースで、「この結果は大学の講師が不安感の強い学生に手を差し伸べ、学生同士の交流を促す一助となるものだ」と強調する。また、「学業において学生同士の交流は重要だ。学生たちが誰と交流しているかを講師が知ることは、講義内容を計画する上で有益な可能性がある」と説明している。

 さらに、Smith氏らは論文の中で「この研究では学生が身体的または精神的、社会的に居心地が良いと感じる座席を選ぶことが分かった。このことは尊重されるべきだ。もし講師との直接的な交流に対する不安感から逃れるために後方に座っている学生がいても、無理やり前方の席に移動させることで得られるメリットはないと考えられる」と指摘する。その上で、同氏らは、学生には自分で好きな席を選ばせながら、不安感を抱かせずに講義に積極的に参加してもらえるような方法を取り入れることを提案している。

[2018年8月24日/HealthDayNews]Copyright (c) 2018 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)