「1日おき断食」の減量効果は?

提供元:
HealthDay News

「1日おき断食」の減量効果は?のイメージ

 1日断食して翌日は好きなものを食べるという食事法(ダイエット)の減量効果は、従来式の食事制限と同程度であることが新たな研究で示された。1年後の体重減少率は、1日おき断食ダイエットでは6.0%、従来のカロリー制限ダイエットでは5.3%であったという。

 研究を率いた米イリノイ大学シカゴ校運動・栄養学准教授のKrista Varady氏は、「1日おきにダイエットを休める方が継続しやすく、効果が高いのではないかと考えていたが、実際は差がないことが分かった」と述べている。

 今回の研究では、代謝異常のない肥満者100人(18~64歳)を対象として、1日おきに断食する群、従来式の食事制限をする群、全く食事制限をしない対照群の3群に無作為に割り付けた。1日おき断食では、断食日は摂取カロリーを25%に制限し、休息日には125%まで摂取してもよいこととした。従来式の食事制限では、毎日の摂取カロリーを75%に制限してもらった。最初の6カ月間は減量期、その後の6カ月間は体重維持期として、1年間にわたり対象者を追跡した。

 その結果、従来式の食事制限群の方が、1日おき断食群に比べて、摂取カロリーの目標値を守れる比率が高かった。脱落率は1日おき断食群で38%、従来式の食事制限群で29%、対照群で26%であった。

 1日おき断食群では、断食日の1日500kcalというカロリー制限を守ることが難しく、一方で休息日には許可された摂取量を下回る傾向があった。そのため、全体としては従来式の食事制限群と同程度の減量効果があったのではないかと、Varady氏は説明する。ただし、「1日おき断食の摂取カロリーを守れた人は、1年間で20~50ポンド(約9~23kg)もの減量に成功しており、一部の人には適した方法であるようだ」と、同氏は付け加えている。

 断食ダイエットの安全性は高いようであった。対象者は、断食日には満腹感をもたらす蛋白質を多く食べるように推奨された。「減量という点でみれば、カロリーが同じなら何を食べても同じだが、それでは健康的でないこともある。休息日にスナック菓子を何袋も食べ、それでも体重が減った人もいるが、健康のためには加工食品を控えて果物や野菜をたくさん摂る必要がある」と、Varady氏は指摘する。

 1日おき断食のスタイルを大いに気に入り、何年も続けている人もいる。しかし、誰にでもこの方法が向いているわけではない。「自分に有効な方法を見つけるべきである」とVarady氏は話している。

 今回の研究は、「JAMA Internal Medicine」オンライン版に5月1日掲載された。

 ただし、ある専門家は、長期的な断食ダイエットが健康的であるとは断言できないとコメントしている。米ニューヨーク大学医療センターの上級臨床栄養士であるSamantha Heller氏は、「この方法は心疾患や糖尿病の管理には有用でないとの報告もある。1日おきの断食は多くの人にとって厳しいものであり、人によっては、もともと抱えている食生活上の問題を悪化させる可能性もある」と説明している。

 また、厳しいカロリー制限をすると、体内では非常事態だと見なされてしまうこともある。人生の変化にあわせた管理方法も明らかにされていない。「長く続けることができ、健康的でバランスがよく、食べる喜びも味わえるような食生活を送れるように、生活習慣を徹底的に見直すことを勧めたい。そのためには時間とモチベーションと持続的なサポートが必要である」と、同氏は述べている。

[2017年5月1日/HealthDayNews]Copyright (c) 2017 HealthDay. All rights reserved.利用規定はこちら

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら