RSウイルス患者報告数、東京で過去最多-「非常に高いレベルで推移」

提供元:
CBnews

RSウイルス患者報告数、東京で過去最多のイメージ

 乳幼児に肺炎などを引き起こすRSウイルス感染症の東京都の患者報告数が、過去最多となったことが7日、分かった。例年よりも1カ月ほど早く流行が本格化しており、都は「報告数は非常に高いレベルで推移しており、注意が必要」と指摘。手洗いなどの予防策の徹底に加え、集団生活ではおもちゃやタオルの共用を避けるよう呼び掛けている。

 都がまとめた8月28日から9月3日までの週の小児科定点医療機関当たりの患者報告数は、前週比27%増の3.18人を記録。調査を開始した2003年以降で最も多かった昨年のピーク(2.79人)を上回った。

 保健所管内別の患者報告数は、荒川区が9.5人で最も多く、以下は、八王子市(8.73人)、台東(7.0人)、墨田区(5.8人)、多摩小平(4.73人)、南多摩(4.67人)、池袋(4.5人)、新宿区(4.43人)、世田谷(4.25人)、目黒区(4.0人)などの順だった。

 RSウイルスは、呼吸器感染症の1つで、感染から2-8日後に上気道炎、気管支炎、細気管支炎、肺炎などの症状が現れる。患者のほとんどは軽症で済むが、小児を中心に重症化するケースもある。予防方法は、手洗いやマスクの着用、子どもが日常的に触れるおもちゃなどを消毒することなどが有効とされている。

(2017年9月7日 新井哉・CBnews)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら