胃がん、ペムブロリズマブによる1次治療の結果(KEYNOTE-062)/ASCO2019

提供元:
ケアネット

 国内の進行・再発胃がんでの免疫チェックポイント阻害薬の使用は、化学療法無効後のニボルマブ、同じく化学療法無効後の高頻度マイクロサテライト不安定性(MSI-High)例に対するペムブロリズマブがそれぞれ単剤療法で承認されている。ただ、現時点ではこうした進行・再発胃がんでの一次治療で承認されている免疫チェックポイント阻害薬は存在しない。
 そうした中、進行胃・胃食道接合部腺がんに対する1次治療での抗PD-1抗体…

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

(ケアネット)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ