軽度アルツハイマー病に対するコリンエステラーゼ阻害薬のベネフィット

提供元:
ケアネット

軽度アルツハイマー病に対するコリンエステラーゼ阻害薬のベネフィットのイメージ

 アルツハイマー病による軽度認知障害(MCI-AD)および軽度のアルツハイマー型認知症(ADdem)に対するコリンエステラーゼ阻害薬(ChEI)の認知機能アウトカムについて、米国・セントルイス・ワシントン大学のJee-Young Han氏らが検討を行った。Alzheimer Disease and Associated Disorders誌オンライン版2019年1月10日号の報告。

 対象は、MCI-AD(臨床認知症評価法[CDR]:0または0.5)もしくは軽度ADdem(CDR:0.5または1)と臨床的に診断された2,242例。患者データは、National Alzheimer's Coordinating Center(NACC)の統一データセット(Uniform Data Set)より抽出した。CDR合計スコアおよび神経心理学的パフォーマンスの年次変化は、一般化線形混合モデルを用いて算出した。ChEIを使用する患者間で、使用開始前後の勾配を比較した。また、ChEI使用患者と非使用患者のスコア変化の比較も行った。

 主な結果は以下のとおり。

・ChEI使用患者の割合は、MCI-AD群944例中34%、ADdem群1,298例中72%であった。
・MCI-AD群、ADdem群ともに、認知機能低下はChEI使用開始後に、より大きかった。たとえば、MCI-AD患者のCDR合計スコアは、ChEI開始前の0.03ポイント/年から、開始後の0.61ポイント/年に変化した(p<0.0001)。
・MCI-AD群、ADdem群ともに、ChEI使用患者では、非使用患者よりも早く認知機能低下が認められた。たとえば、MCI-AD患者のCDR合計スコアは、ChEI使用患者で0.61ポイント/年、非使用患者で0.24ポイント/年であった(p<0.0001)。

 著者らは「本研究は、ChEI使用がMCI-ADおよび軽度ADdemの認知機能を、改善しない可能性があることを示唆している」としている。

■関連記事
抗認知症薬は何ヵ月効果が持続するか:国内長期大規模研究
アセチルコリンエステラーゼ阻害剤の安全性、専門家による評価
男性医師と女性医師によるコリンエステラーゼ阻害薬の処方実態比較
コリンエステラーゼ阻害薬の副作用、全世界の報告を分析

(鷹野敦夫)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)

会員の方へ