フルオロキノロン系薬に大動脈瘤・解離に関する使用上の注意改訂指示

提供元:
ケアネット

フルオロキノロン系薬に大動脈瘤・解離に関する使用上の注意改訂指示のイメージ

 フルオロキノロン系抗菌薬の添付文書について、2019年1月10日、厚生労働省より使用上の注意の改訂指示が発出された。フルオロキノロン系抗菌薬と大動脈瘤および大動脈解離との関連性を示唆する疫学研究や非臨床試験の文献が報告されたことによるもので、改訂の概要は以下のとおり。

1.「慎重投与」の項に、「大動脈瘤又は大動脈解離を合併している患者、大動脈瘤又は大動脈解離の既往、家族歴若しくはリスク因子(マルファン症候群等)を有する患者」を追記する。

2.「重要な基本的注意」の項に、観察を十分に行うとともに、腹部、胸部又は背部に痛み等の症状があらわれた場合には直ちに医師の診察を受けるよう患者に指導する旨、上記 1.にて追記する患者では、必要に応じて画像検査の実施も考慮する旨を追記する。

3.「重大な副作用」の項に「大動脈瘤、大動脈解離」を追記する。

■該当薬剤の一般名(商品名:承認取得会社)
・モキシフロキサシン塩酸塩(アベロックス:バイエル薬品)
・トスフロキサシントシル酸塩水和物(オゼックス:富士フイルム富山化学、トスキサシン:マイラン EPD、ほか)
・レボフロキサシン水和物(クラビット:第一三共、ほか)
・シタフロキサシン水和物(グレースビット:第一三共、ほか)
・シプロフロキサシン塩酸塩水和物(シプロキサン:バイエル薬品、ほか)
・シプロフロキサシン(シプロキサン:バイエル薬品、ほか)
・メシル酸ガレノキサシン水和物(ジェニナック:富士フイルム富山化学)
・プルリフロキサシン(スオード:MeijiSeika ファルマ)
・オフロキサシン(タリビッド:第一三共、ほか)
・ノルフロキサシン(バクシダール:杏林製薬、ほか)
・塩酸ロメフロキサシン(バレオン:マイラン EPD)
・パズフロキサシンメシル酸塩(パシル:富士フイルム富山化学、パズクロス:田辺三菱製薬)

(ケアネット 金沢 浩子)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)