コーヒーとワインの摂取量、アルコール性肝疾患死亡と逆相関

提供元:
ケアネット

コーヒーとワインの摂取量、アルコール性肝疾患死亡と逆相関のイメージ

 ノルウェーの男女約22万人の調査で、コーヒーとワインの摂取量がアルコール性肝疾患死亡と逆相関することが示された。また、総アルコール摂取量はアルコール性肝疾患死亡と正の相関を示したが、その関連の強さはコーヒー摂取量で変化することをノルウェー公衆衛生研究所のAage Tverdal氏らが報告した。Annals of Epidemiology誌オンライン版2018年8月28日号に掲載。

 著者らは、1994~2003年に心臓血管スクリーニングに参加したノルウェーの30~67歳の男女21万9,279人について、コーヒーおよびアルコール飲料の摂取量とアルコール性肝疾患死亡の関係を調査した。参加者をCause of Death Registryとリンクさせ、アルコール性肝疾患による93人の死亡を同定した。コーヒー摂取量は1日0杯、1~4杯、5~8杯、9杯以上の4カテゴリーに、アルコール摂取量はビール、ワイン、蒸留酒、総アルコールについて1日0ユニット、0~1.0ユニット、1.0~2.0ユニット、2.0ユニット以上の4カテゴリーに分けて検討した。
注)ノルウェーにおけるアルコール1ユニットは純アルコール12g、ビール(5%)500mLは約1.7ユニット

 主な結果は以下のとおり。

・各アルコール飲料の摂取量の1カテゴリー当たりのハザード比は、ビール2.06(95%信頼区間:1.62~2.61)、ワイン0.68(同:0.46~1.00)、蒸留酒2.54(同:1.92~3.36)であった。
・コーヒー5杯/日(平均)で層別した場合、5杯以上に対し5杯未満でアルコール摂取量とアルコール性肝疾患とに強い関連が示された。
・総アルコール0ユニット/日に対する2ユニット/日以上のハザード比は、コーヒー5杯/日未満では25.5(95%信頼区間:9.2~70.5)、コーヒー5杯/日以上では5.8(同1.9~17.9)であった。
・交互作用の検定は有意であった(p=0.01)。

(ケアネット 金沢 浩子)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)