赤ワインの認知症リスクへの影響、男女で逆!?

提供元:
ケアネット

赤ワインの認知症リスクへの影響、男女で逆!?のイメージ

 赤ワインの摂取頻度が高いと、男性ではアルツハイマー型認知症(AD)リスクが低下するが、女性では逆にリスクが上昇することが、スイス・チューリッヒ大学のKarina Fischer氏らの研究で示唆された。Nutrients誌20… [続きを読む]

(ケアネット 金沢 浩子)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)