子どもに対する抗精神病薬の処方前後における血糖・プロラクチン検査実施率に関する研究

提供元:
ケアネット

子どもに対する抗精神病薬の処方前後における血糖・プロラクチン検査実施率に関する研究のイメージ

 多くの国で、抗精神病薬(主に統合失調症、双極性障害、自閉スペクトラム症に伴う易刺激性の治療に用いられる薬剤)による治療を受ける子供が増加している。大人と同様に、子供に対する抗精神病薬の使用は、糖尿… [続きを読む]

(鷹野 敦夫)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)