日本人若年者のピロリ除菌療法、第1選択は?

提供元:
ケアネット

日本人若年者のピロリ除菌療法、第1選択は?のイメージ

 若年者のHelicobacter pylori(以下、ピロリ菌)感染に対する除菌治療は、胃がん予防に有効である。今回、JAPAN GAST Study Groupが、プロトンポンプ阻害薬ベースのトリプル療法(PACおよびPAM)について若年者での有効性を多施設無作為化比較試験で検討したところ、PAMによる除菌率がPACより有意に高いことが示された。研究グループは「抗菌薬感受性試験が実施できない場合、PAMが若年者のピロリ菌除菌の第1選択となりうる」としている。Journal of Infection and Chemotherapy誌オンライン版2018年3月28日号に掲載。

 本試験は2012年2月~2015年3月に実施。ピロリ菌感染者を青年期(13~19歳)と若年成人期(20~39歳)に層別化し、クラリスロマイシンベース(PAC)またはメトロニダゾールベース(PAM)のトリプル療法(1週間)に無作為に割り付けた。

 主な結果は以下のとおり。

・137人がPAC、169人がPAMによる除菌治療を受けた。
・青年における除菌率は、ITT(intention-to-treat)解析およびPP(per-protocol)解析でそれぞれ、PACで60.5%および63.4%、PAMで98.3%および100%であった。
・若年成人における除菌率は同様に、PACで67.0%および66.7%、PAMで95.5%および96.3%であった。
・PAMによる除菌率はどちらの年齢層でもPACより有意に高かった。
・両群とも重篤な有害事象は認められなかった。

(ケアネット 金沢 浩子)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)