ニボルマブの480mg4週ごと投与、FDAが承認

提供元:
ケアネット

ニボルマブの480mg4週ごと投与、FDAが承認のイメージ

 米国ブリストル・マイヤーズ スクイブ社は2018年3月6日、米国食品医薬品局(FDA)が、480mg固定用量4週間ごと投与の追加適応を含む、ニボルマブ(商品名:オプジーボ)の生物学的製剤承認一部変更申請を承認したと発表。この承認により、医療者は、新バイアルによる240mgの2週間ごと投与と、480mgの4週ごと投与を、患者に合わせて選べるようになる。また、すべてのニボルマブ適応疾患で、従来より短い30分投与も承認された。

 480mg固定用量4週ごと投与は、下記の適応症に対して承認されている。

・転移性メラノーマ(単独投与またはイピリムマブとの併用療法後の単独投与)
・既治療の転移性非小細胞肺がん
・抗血管新生療法後の進行腎細胞がん
・プラチナベース化学療法中または後に進行した局所進行または転移性尿路上皮がん
・自家造血幹細胞移植(HSCT)とブレンツキシマブ ベドチン、または自家HSCT含む3ライン以上の全身療法の後に再発/進行した古典的ホジキンリンパ腫
・プラチナベース治療後の再発/転移性の頭頸部扁平上皮がん
・ソラフェニブ治療後の肝細胞がん
・完全切除されたメラノーマの術後アジュバント療法

■参考
ブリストル・マイヤーズ スクイブ社プレスリリース

(ケアネット 細田 雅之)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)