オピオイドの適正使用推進にオキシコンチンTR発売/塩野義製薬

提供元:
ケアネット

オピオイドの適正使用推進にオキシコンチンTR発売/塩野義製薬のイメージ

 塩野義製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:手代木 功)は、オキシコドン(商品名:オキシコンチン錠)の新剤形品として、乱用防止を目的とした「オキシコンチンTR錠」を2017年12月8日新発売した。

 がん性疼痛治療において、オピオイド鎮痛薬は重要な役割を果たしており、近年では、地域包括ケアの進展により在宅医療の重要性も高まっていることから、オピオイド鎮痛薬の適正使用がこれまで以上に求められることが予想されている。また、米国においては2013年以降、米国食品医薬品局(FDA)が乱用防止特性を持つ薬剤の使用を推奨し、ガイダンスも出されるなどオピオイド鎮痛薬の適正使用が推進され、従来の製剤からの切り替えが進められている。オキシコンチンTR錠は錠剤の硬度を高くすることで粉末まで砕くことが困難であるとともに、水を含むとゲル化するという特性を持つ。これにより、オピオイド鎮痛薬の適正使用のさらなる推進と乱用の防止が期待されるという。

(ケアネット 細田 雅之)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)