日本人自閉スペクトラム症に対するアリピプラゾールの効果は

提供元:
ケアネット

日本人自閉スペクトラム症に対するアリピプラゾールの効果はのイメージ

 自閉スペクトラム症を有する小児および青年(6~17歳)における易刺激性の治療に対するアリピプラゾールの有効性、安全性を評価するため、東京都立小児総合医療センターの市川 宏伸氏らは、8週間のプラセボ対照無作為化二重盲検試験を行った。Child psychiatry and human development誌オンライン版2016年12月21日号の報告。

 対象患者には、フレキシブルドーズのアリピプラゾール(1~15mg/日)またはプラセボを投与した。対象患者92例は、アリピプラゾール群47例とプラセボ群45例にランダムに割り付けられた。親/介護者による異常行動チェックリスト日本語版(Aberrant Behavior Checklist Japanese Version :ABC-J)の易刺激性サブスケールスコアを用いて評価を行った。

 主な結果は以下のとおり。

・アリピプラゾール群の平均ABC-Jスコアは、第3~8週にかけて、プラセボ群と比較し有意に改善した。
・アリピプラゾール群の平均医師CGI-Iスコアは、第2~8週にかけて、プラセボ群と比較し有意に高い改善効果を示した。
・アリピプラゾール群のすべての患者が試験を完了し、重篤な有害事象は報告されなかった。
・プラセボ群では、3例が中止した。

 著者らは「日本人小児および青年の自閉スペクトラム症に伴う易刺激性の治療に対するアリピプラゾール投与は、効果的かつ一般的に安全で忍容性が良好である」としている。

関連医療ニュース
自閉症とADHD症状併発患者に対する非定型抗精神病薬の比較
自閉症、広汎性発達障害の興奮性に非定型抗精神病薬使用は有用か
成人発症精神疾患の背景に自閉スペクトラム症が関連

(鷹野 敦夫)

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)