診断・治療に迷う主訴

  • 公開日:2012/04/13
今回のテーマは“診断・治療に迷う主訴”です。来院のたびに少しずつ変わる患者さんの訴え、同じ言葉を全く違う意味合いで使っていたり、思いも寄らない過去の病歴が発覚したり、時には方言ならではの表現に悩まされたり……初診時と確定診断の内容が異なることはしばしばあるのではないでしょうか。先生方が悩まされる主訴、トップ3は「頭痛」「疲労感・倦怠感」「しびれ」となりました。多数寄せられた“実はこんな疾患だった!エピ…

新規会員登録はこちら

記事全文がお読みいただけるようになるほか、ポイントプログラムにもご参加いただけます。

掲載内容はケアネットの見解を述べるものではございません。(すべての写真・図表等の無断転載を禁じます。)
本コンテンツに関する下記情報は掲載当時のものです。
[データ、掲載内容、出演/監修者等の所属先や肩書、提供先の企業/団体名やリンクなど]

会員の方へ