フリーワード検索:

Dr.宮本のママもナットク!小児科コモンプラクティス

“小児診療あるある”への正しい対処と落ちつかせる説明

診療科
内科  循環器内科/心臓血管外科  消化器科  呼吸器科 
収録内容
第1回 熱性けいれん
第2回 運動発達の遅れ
第3回 母乳育児と体重増加不良
第4回 発達障害
第5回 食物アレルギー
第6回 子どもの風邪薬
講師
宮本 雄策
収録時間
83分
価格
7,500円 +税
発行日
2017-04-07
商品コード
CND0252

子どもの診療には単に病気を治すという以上の難しさがあります。診断や薬剤の選択だけでなく、慌てるお母さんへ説明してもなかなか納得してもらえなくて困ったことはありませんか? このDVDでは、小児科専門医である宮本雄策先生が、小児を診療しているとよく出合う問題をピックアップし、臨床上のポイントをわかりやすくレクチャーします。それだけでなく、お母さんに対しての接し方や説明の仕方をロールプレーで実演するので、実際の診療に役立つこと間違いなしです。 宮本先生によるGノート(羊土社)での好評連載「小児科医 宮本先生,ちょっと教えてください!」との連動企画!ぜひGノートもチェックしてください!

第1回 熱性けいれん


2回目の熱性けいれんを起こした2歳児の母親が、診察室に駆け込んできました。「坐薬使ったほうがいい?」と心配しています。子どもはけいれんがおさまって、すっかり元の状態です。
さてこんなとき、どんな対応をすればよいのでしょうか?熱が出たらすぐにジアゼパムを投与?慌てているお母さんを落ち着かせるためには?小児科専門医の宮本雄策先生が、わかりやすくレクチャーします。

第2回 運動発達の遅れ
「1歳の息子がまだハイハイもつかまり立ちもしない」と話すお母さん。発達の遅れが疑われる子どもに対して、どんなところを確認すればよいのでしょうか?ポイントは、消えるべき反射、出現すべき反射。宮本先生が実際に行っているお母さんへの説明の仕方をぜひ参考にしてください。

第3回 母乳育児と体重増加不良
母乳育児を続けたお母さんが、4ヵ月検診で「赤ちゃんの体重が増えてない」と怒られたとのこと。まず確認するのは、赤ちゃんの成長曲線です。
どのような経過をたどれば正常で、どのような状況だと母乳不足なのか。大切なのは、「成長の過程を見る」ことです。

第4回 発達障害
最近、「落ち着きがない」「集団生活になじめない」と、発達障害を心配して相談にくる親子が増えています。そもそも、発達障害とは何でしょうか?発達障害の子どもは叱ってはいけない?
情報が錯綜する分野だからこそ、しっかりと筋道立てた宮本先生の解説はまさに納得です。

第5回 食物アレルギー
外出先で親子丼を食べたら蕁麻疹が出た1歳6ヵ月の男児。
即時型症状のある食物アレルギーの診断においては、最初の問診が重要です。いつ、何を、どのくらい食べて、症状が出たか。今までに食べられたものをきちんと確認しましょう。
「もうその食材は食べさせられないの?」と心配するお母さんへの対応も必見です。

第6回 子どもの風邪薬
風邪症状の1歳6ヵ月男児。風邪薬をまったく飲まなくなったと、お母さんが困っています。
薬を飲ませるときの宮本先生おすすめの方法や、それぞれの薬のメリットとデメリットについてわかりやすく解説。抗ヒスタミン薬を処方する際の、宮本先生が実践しているルールはとても参考になります。

宮本 雄策 ( みやもと ゆうさく )氏 川崎市立多摩病院 小児科 部長

1998年聖マリアンナ医科大学卒業、2004年同大学院修了。2004年国立精神・神経センター武蔵病院小児神経科レジデント。2006年より川崎市立多摩病院に勤務し、2014年より現職。 小児科・小児神経・てんかんの専門医。

関連商品

  • Dr.中野のこどものみかたNEO
  • 一般内科医には判断しにくい小児の特異性、診断方法や治療薬についてQ&A形式でわかりやすく解説します。小児・乳児の気管支喘息の診断や治療、そして小児に用い易い漢方処方を紹介します。またHibワクチン、肺炎球菌ワクチンと、子宮頸癌の予防ワクチンについてお伝えします。小児と保護者に接する機会のある全医療従事者に役に立つ情報が満載です。

初めての方へ

新規会員登録はこちら

新規会員登録はこちら