フリーワード検索:

Dr.山中の攻める問診<上巻>

診断の8割は問診でつく!!キーワードから攻める山中流問診術

シリーズ名
Dr.山中の攻める問診
診療科
総合診療科 
収録内容
「総論  "攻める”問診とは」
「女性の腹痛 ~こんなこと聞いていいのかな?~」
「胸腹部痛 ~的外れのコンサルト~」
「めまい ~朝からめまい~」
「一発診断 34歳女性 5日前から40℃の発熱」
「一発診断 51歳男性 めまい」
「一発診断 46歳女性 爪白癬が良くならない」
講師
山中 克郎
収録時間
104 分
価格
5,000円 +税
発行日
2014-03-17
商品コード
CND0199

「診断の8割は問診でつく」と昔から言われます。しかし、日常の診療では患者さんの話を漠然と聞いていたり、検査・画像診断データに振り回されたりと、非効率な診療に疑問を感じていませんか?そんなときは、病歴・身体所見にキーワードを見い出し診断を絞り込む、“山中流 攻める問診術”です。最初の3分間で、患者さんの話から3つ程度に鑑別を絞り込み、そして確定診断を裏付けるための積極的な問診を展開!疾患のキーワードを覚えれば、Snap Diagnosis(一発診断)もできます。推理小説のごとく、診断が愉しくなること間違いなしの問診術を伝授します!

「総論  "攻める”問診とは」


“草食系救急内科医”山中克郎先生の新シリーズ。病歴・身体所見にキーワードをみいだし、確定を絞り込む問診術「攻める問診」の極意を披露。最初の3分で患者さんの話を聞き3つ程度の鑑別診断を想起。そして診断を裏付けるために積極的な問診を展開します。

「女性の腹痛 ~こんなこと聞いていいのかな?~」
【症例】21歳女性。9日前に右下腹部痛を発症。一旦軽快するも、5日前から下痢、嘔吐。3日前から右下腹部痛を再発。体温は39.7℃、性器出血あり、歩行時の振動が下腹部に響く。この患者さんを攻める問診で鑑別診断してみましょう。

「胸腹部痛 ~的外れのコンサルト~」
【症例】43歳女性。2週間前に咳・発熱・咽頭痛と息苦しさを感じるがすぐに快復。一昨日、右側腹部痛と右肩痛、胸膜刺激痛があり、救急外来でNSAIDsを処方される。今朝から痛みが増悪し、再度救急外来へ。この患者さんを鑑別診断してみましょう。

「めまい ~朝からめまい~」
【症例】79歳女性。朝、突然めまいを発症。最初はトイレまで歩けたが、直ぐに歩くことも困難になる。上胸部に違和感があり、左下肢腫脹がある。既往歴は10年前に子宮癌。2ヶ月前に心筋梗塞を発症。この患者さんを鑑別診断してみましょう。

「一発診断 34歳女性 5日前から40℃の発熱」
【症例】34歳女性。5日前から40℃の発熱。右手の親指に皮下出血、結膜に点状出血がある。実際の症例をもとに貴方の一発診断力を試し、診断ロジックを確認しましょう。

「一発診断 51歳男性 めまい」
【症例】51歳男性。めまいで救急外来を受診。手の指に特徴的な所見があります。病歴に小学生の時に心室中隔欠損の手術歴がある。病歴や身体所見から一発で診断をつけるSnap Diagnosis(一発診断)。今回も実際の症例をもとに貴方の一発診断力を試し、診断ロジックを確認しましょう。

「一発診断 46歳女性 爪白癬が良くならない」
【症例】46歳女性。近医で爪白癬を治療中も良くならない。手の爪にポツポツ白いものと、脚の指にも特徴的な所見がある。あなたはこの所見から疾患を特定できますか?

山中 克郎 ( やまなか かつお )氏 諏訪中央病院 内科

1985年名古屋大学医学部卒業、名古屋掖済会病院 研修医。1989年よりバージニア・メイソン研究所(米国シアトル)研究員となる。1995年に帰国後 名城病院 内科、国立名古屋病院 血液内科を経て、1999年にカルフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)一般内科に留学する。この時に“診断の神様”ローレンス・ティアニー教授に出会い総合診療に目覚める。2000年に帰国後、名古屋医療センター 総合診療科、藤田保健衛生大学 一般内科/救急総合診療部を経て、2010年10月藤田保健衛生大学 救急総合内科 教授に就任。2014年12月より現職。

関連商品

  • みんなの症候診断<上巻>
  • 前野哲博先生が送るクイズ形式で学ぶ病歴聴取テクニック!うつ病、腎梗塞、パニック障害もすぐに診断