フリーワード検索:

激辛 ! 伊賀流心臓塾<第1巻>≪増補改訂版≫

到達目標が明確! 循環器非専門医はここまで押さえろ!

シリーズ名
激辛!伊賀流心臓塾シリーズ
診療科
循環器内科/心臓血管外科 
収録内容
第0回「循環器非専門医の到達目標」
第1回「安定性の労作性狭心症」
第2回「日本人に多い異型狭心症」
講師
伊賀 幹二
収録時間
127 分
価格
5,000円 +税
発行日
2012-10-01
商品コード
CND0182

2005年の発売以来ロングセラーを続けている「激辛 ! 伊賀流心臓塾」が7年ぶりに増補改訂。循環器診療の進歩は目覚ましく、心臓CTによるスクリーニング検査が一般的になったり、インターベンションの安全性も向上しました。しかし、伊賀先生の「診断を考えて行く」プロセスは、全く色あせていません。むしろ、より重要になったと言えるのではないでしょうか。初版収録番組の各シーンに伊賀先生が更なる解説を加えた本DVDは、循環器非専門医や一般内科開業医に、循環器診療における基本的な考え方、到達目標を明確に具体的に伝えてくれます !
具体的な症例から難解な心臓疾患を分かりやすく解説します。

第0回「循環器非専門医の到達目標」


卒後臨床研修が行われている大病院の医師は、細分化された狭い専門領域以外のことを研修する時間も動機も消失しがちです。また初期2年間のスーパーローテート研修時に、各領域の“超専門家”に育てられた研修医は、高い診療レベルを要求されて燃え尽きてしまうことが多いようです。
しかも“超専門家”自身、「診察後どういう思考過程で診断に行き着くか」という臨床医にとって真に重要なことを研修医にきちんと指導できないというのが実状です。
医師(循環器非専門医)として患者に向かい合う前に身に付けておくべき循環器領域の基本的考え方や到達目標を解説していきます。


第1回「安定性の労作性狭心症」
 高度の血管狭窄病変を有することが多い安定性の労作性狭心症。明らかにこの症状を有する患者に対して、循環器非専門医が行うべきことは一体なんでしょうか ?
 「ニトログリセリンを持たせて経過観察する?」
 「全例、専門医の検査にまわす?」
 「本人がまったく困ってなかったら?」
狭心症から心筋梗塞にいたるメカニズムと医師のなすべきこと、ニトロやβブロッカーの正しい使い方など、最新のデータをもとに、伊賀先生が悩める医師の疑問にズバリお答えします。

【症例】64歳 男性
15年来の糖尿病患者。食事療法のみでHbA1c 6.6%前後で推移。61歳時より坂道を歩くと胸が圧迫され、少し休むと楽になる状態。運動をあまりしないため、本人はそれほど困っておらず、過去3年間、程度・頻度は変わらない。今回、検診でマスター二重運動負荷心電図が陽性であったため受診した。血圧、安静時心電図、胸部X線のいずれも正常、コレステロール値は220mg/dL。


第2回「日本人に多い異型狭心症」
欧米人には少ないが日本人には頻度の高い「異型狭心症」がテーマです。軽度の動脈硬化に血管攣縮が加味されることが多く、朝方の軽労作で狭心症症状が出現。心電図検査では正常とされる可能性も高く、その場合、病歴聴取のみが判断の根拠となります。
今回は異型狭心症の病歴の取り方のコツを具体的に伝授します。そして、異型狭心症が疑われた場合、プライマリ・ケア医としてどのようにアプローチすべきか。「ホルター心電図を取るのか」、「それとも緊急入院させるべき?」など、よくあるケースのよくある悩みに達人が“ズバリ”お答えします。

【症例】1日20本×20年の喫煙者
2ヶ月前から週2回ぐらい朝方の軽労作で数分間持続する胸部圧迫感があるため外来を受診。午後はかなり運動をしても症状はないと言う。診察では異常所見は無く、血糖・コレステロール値ともに正常。受診日の心電図と胸部X線も正常であった。

伊賀 幹二 ( いが かんじ )氏 伊賀内科・循環器科 院長

大阪医科大学卒業後、同第三内科研修医、天理よろづ相談所病院内科ローテイトレジデント、同病院チーフレジデント(初代)、同病院循環器内科医員、英国 National Heart Hospital等を経て、 1994年より同病院内科系マネージングドクター(研修責任者)を務める。2001年より西宮で開業し、多くの患者に 接する傍ら、後進育成にも力を注いでいる。

関連商品