フリーワード検索:

Dr.箕輪の実戦救急指南

診療科
麻酔科  総合診療科 
収録内容
第1回「どうする?重症喘息発作」
第2回「いきなり交通事故!頭真っ白?」
第3回「慌てない!反応のない子ども」
第4回「油断ならない!失神のあった患者」
講師
箕輪 良行
収録時間
110 分
価格
7,500円 +税
発行日
2004-10-21
商品コード
CND0026

第1回「どうする?重症喘息発作」


待合室にて刻々と状態が悪くなっていく患者さん。素早い重症度判断から、後方病院への送りまでの一連の流れをお届け。また理学療法として定評のある胸郭外胸部圧迫法の実際や、ピークフローメーターでの評価方法をご覧戴きます。

第2回「いきなり交通事故!頭真っ白?」
予期せぬ交通事故の患者さんが診療所に運ばれてきたという場面を設定。気道、呼吸、循環管理のABCから、交通事故で最も多い「予防できる死亡」と言われている緊張性気胸を解除する方法、もうひとつは腹腔内の出血を簡単に診断する方法として、腹部超音波を使った評価方法を学びます。

第3回「慌てない!反応のない子ども」
子供が急変して、突然診療所に運び込まれてきたという設定。子供といっても6ヶ月の乳児。見れば反応なく、抱かれたままでぐったり。泣かず、顔色不良。呼吸は20回程度で弱い。診療所の医師にとって子供、特に赤ちゃんの急変はとても難しい課題です。今回は蘇生処置をステップ・バイ・ステップで紹介しますが、その中でも特に困難とされるのが、初期処置の要である輸液ルートの確保です。そこで、奥の手=骨髄輸液について詳しくお届けします。

第4回「油断ならない!失神のあった患者」
56歳男性。通勤途上の電車内で急に気分が悪くなり、失神。次の駅で下車しベンチで座って様子をみたところ、やや回復した様子。とりあえず帰宅後、かかりつけの診療所へ。高血圧、肥満、喫煙あり。果たしてこれは危険な徴候なのでしょうか?このようなケースでは緊急な処置が必要とは限りませんが、鑑別しなければならない疾患や、予後のことを考えて必ず施行すべき検査があります。これらのことを配慮しながら、正しい病歴聴取→診察→検査の流れを解説します。

箕輪 良行 ( みのわ よしゆき )氏 聖マリアンナ医科大学 救急医学教室 教授

1979年自治医科大学卒業。同大学大宮医療センター講師、三宅島中央診療所長、船橋市立医療センター・救命救急センター部長を経て、2004年より現職。 著書:『医療現場のコミュニケーション』『救急総合診療Basic 20問』『救急総合診療Advanced Course 21』(いずれも共著/医学書院)

関連商品